Windowsrogo03

 Windowsなど現在のOSのほとんどは動作や警告などにさまざまな「効果音」を使用しています。Windowsの「効果音」のフォルダの中に実は謎の音楽が潜んでいるのです。
 
Clean1

 ディスクのクリーンアップなどで消されている場合もありますが、通常はインストール時にこの「謎の音楽」もしっかりインストールされています。
 この謎の音楽は「C:\WINDOWS\Media\」のフォルダに入っており、「onestop.mid」「flourish.mid」「town.mid」の3つのMIDI音楽ファイルです。このMIDIファイルはWindows98以降すべてのWindowsに入っています。

 もし、入っていなければ下記からダウンロード可能です。

MIDI Music Collection - Onestop.mid

MIDI Music Collection - Flourish.mid

MIDI Music Collection - Town.mid











 この音楽はとてもカッコイイ曲で、どうも「効果音」としてはもったいない曲で、このような曲がひっそりとWindowsのフォルダの中に隠れているのかとても不思議です。

 なぜ、この音楽がWindow98以降すべてのOSに入っているかというと、きちんとした理由は分かりませんが、おそらくWindowsのシステムでの重要部分である「DirectMusic」のテストに使用するためだと言われています。また、サウンドボードの性能比較にも使われていたのかもしれません。

 これらの音楽は誰が作ったかと言いますと、、「onestop.mid」はDavid Yackley氏という人で、シアトルを中心に活動していた作曲者で、過去にMicrosoftでも働いていたようです。
 また、「flourish.mid」「town.mid」はNathan Grigg氏が作曲したもので、主にゲーム音楽の作曲をしている人のようです。
 
 新しいWindowsが発売されていても、このように誰にも分からない所ではある意味「伝統的」なものを残しているというのはちょっと驚きでした。