IPSIRON

 2021年11月09日JAXAがロケット「イプシロン5号機」の打ち上げに成功しました。日本のロケットの技術は非常にすばらしいものと感心しています。過去の「イプシロン2号機」には宇宙天気を監視する衛星が搭載されて運用しております。
 この宇宙天気とはどんなものでしょうか?
HUREA

 宇宙天気は太陽の活動状況を監視するものであり、この太陽活動による各機器の影響の警報などを判断するものであります。
 この宇宙天気は「宇宙天気情報センター」で発信されており、飛行機各社や通信衛星などを管理するところ・電力会社などではこの情報をもとに判断しています。
NICTROGO


NICT宇宙天気情報センター(リンク)
http://swc.nict.go.jp/contents/

 なぜ、この太陽の活動を監視しているかと言いますと、太陽の活動で最も怖いのが「フレア」現象です。「フレア」とは太陽が爆発的な活動を起こし、「磁気嵐」を起こしてしまいます。
 この「フレア」が起こると、地球のあらゆるところに多大な影響がるため、注意が必要になります。

 では「太陽フレア」が起こった場合、どんな影響がでるのでしょうか。最悪の「太陽フレア」が起こった場合、人類は滅亡します。しかしそのような太陽フレアは現在は起こっておりませんが、それに近いような「太陽フレア」はいくつも起こっています。
HUREA2

 この「太陽フレア」が起こると電力に影響が出ます。送電がストップする可能性があります。これは磁気嵐により、電力の流れがおかしくなり、変電所などの機器が異常を起こすのです。実際、アメリカでこの「磁気嵐」による「送電」がストップした事例があります。
 あと、非常に怖いのがコンピュータやサーバーなどの機器に多大な影響がでます。場合によっては、ハード的に故障がおこり、復旧不可能となることもあります。また、中のデーターもすべて「壊れてしまう」といったことも考えられます。
 この「太陽フレア」により、すべてのものが「停止」してしまいます。電気・ガス・水道すべて使えなくなる可能性があるのです。それだけ「太陽フレア」による「磁気嵐」は非常に怖い存在なのです。

 この太陽フレアによる危険性を説明している動画がありますのでご紹介します。

【終末】史上最強の太陽フレアが現代で発生するとどうなるのか?
 

《驚愕》タイムリミットは12時間!スーパーフレアと太陽風の危険な関係と地球への影響とは!?

宇宙線が気候を変えるー太陽編



 巨大な太陽フレア ~地球の通信や電波に及ぼす深刻な影響~


 「太陽フレア」が起こると、ネットワークはもちろん、各端末や機器などにも多大な影響を与えます。
この「太陽フレア」は地球上の気象とは違い、いつ起きるか分かりません。突然起こるのです。しかも「太陽フレア」が起こってしまったら、どうすることも出来ません。被害を最小限に防ぐだけです。それだけこの「宇宙天気」は重要な天気予報となるわけです。