ransamu

 2016年はランサムウェアの被害が拡大し、日本はこの攻撃のターゲットとなっている年でもありました。
 今回はこのランサムウェアの公開されている復号ツールのリンクをご紹介します。
1.LeChiffre復号(拡張子 .LeChiffre) マカフィー
https://blogs.mcafee.com/wp-content/uploads/LeChiffreDecryptor.zip

2.CryptXXX v3復号(拡張子 .crypt、.cryp1、.crypz) カスペルスキー
https://support.kaspersky.co.jp/viruses/disinfection/8547


3.CryptXXX (バージョン1、2、3、4、5) (拡張子.crypt, .cryp1,crypz,5桁の英数字)
TeslaCrypt (拡張子 .ECC,.VVV, .CCC, .ZZZ, .AAA, .ABC, .XYZ, .XXX, .TTT, .MP3, .MICRO)
SNSLocker  (拡張子 .RSNSLocked)
Autolocky (拡張子 .locky)
777 (拡張子 .777)
XORIST (拡張子 .xorist もしくはランダム文字列)
XORBAT (拡張子  .crypted)
CERBER (拡張子  .cerber)
Stampado (拡張子 .locked)
NEMUCOD (拡張子 .crypted)
CHIMERA (拡張子 .crypt) トレンドマイクロ
https://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1114210.aspx

4.No More Ransom (32種類 以後随時追加、対象はホームページで)
https://www.nomoreransom.org/decryption-tools.html

5.TeslaCrypt (拡張子.xxx,.ttt,.micro,.mp3)  ESET
http://download.eset.com/special/ESETTeslaCryptDecryptor.exe

今後別の復号ツールが公開なりましたら、このページに追加していきます。