LANroute
 今回はちょっとした便利グッツを紹介します。
 IoT時代が進み、欠かせなくなってきた周辺機器と言えば無線LANルータですが、この無線LANルーターたまにハングアップし、通信ができなくなるときがあります

 スマホやタブレットなどで、インターネットを行っているときにハングアップすると分かりますが、外出していたときなどにハングアップすることもあります。
 特に無線LANルータがハングアップすると非常に困る場合もあります。例えば無線LANを使ってセキュリティーの機器(監視カメラやセンサーなど)をつなげていたりとか、野外など離れていた場所に無線LANルーターを設置していたりとかあります。
 その場合、電源を抜いて再起動を行えば良いのですが、設置場所や時間帯によってできない場合もあります。
 そこで、無線LANがハングアップしたときに自動的に再起動させるように、電源を入れ直してくれるアイテムをご紹介します。
 そのアイテムの名前は「ResetPlug]というアイテムです。
ResetPlug1

 使い方は簡単で、このプラグを使って電源を挿しておけば良いのです。
 このプラグは無線LANと一定時間に通信を行っており、無線LANのルーターから応答がなかった場合、自動的に電源を入れ直してくれます。
  現在日本では販売されておりませんが、下記に公式サイトのリンクを貼っておきますので、ぜひ興味のある方は購入してみてはいかがでしょうか。


http://resetplug.com/

なお、アメリカのアマゾンでも購入できます。

https://www.amazon.com/WiFi-ResetPlug-monitor-router-automatically/dp/B01BU2ALGO