404IE

 以前、ネットワークの障害かどうか調べるサイトをご紹介しましたが、それにちなんでもう一つご紹介します。ネットワークの障害かどうか見極めるポイントは同じLANの端末で複数の端末が同じサイトなどが見れない場合はネットワーク障害だと判断できますが、ある特定の端末だけがそのサイトやサービスが使えない場合があります。
 
GGNO

 特によくあるトラブルが、「Googleのサービスが使えない(表示されない)」とか「特定のサイトのレイアウトが崩れて見れない」などがあります。いままでは問題なく表示されていたのに、ある出来事から表示されなくなったということがあります。
 その「ある出来事」の大半は、フリーウェアやあるソフトをインストールを行ったときに、悪質なソフトも一緒にインストールされてしまい、その後に削除したときや、怪しいソフトを入れてウイルスソフトも一緒に入って、アンチウイルスのソフトが作動したとかということが多いようです。

akusoft

 特に中華系のソフトは要注意で、必ずといって良いほど余計なソフトが同時にインストールされます。その後、アンインストールを行っても、通常ではアンインストールも出来なく、手動で削除といったこともよくあり、アンインストールや削除後、Webサイトの設定やアドオンのソフトのアンインストールなどを行って一見通常のように戻ったかのように見えますが、Webページを開くと特定のページだけが表示できなくなるという現象がおきます。原因を突き止めるために設定を見ても分からず結局途方にくれてしまうということになります。
 そんな場合、実は設定では分からない「Windowsの設定ファイル」が書き換えられている可能性があります。そのファイルは「hosts」ファイルです。
 このファイルは簡単に言うと、IPアドレスとホスト名を手動で結び付ける設定を行うファイルで通常はあまり使用しませんが、プログラムの開発段階で、ホスト名と仮想のホスト名を手動で仮に結び付けるときなどに使用します。通常のインターネット上ではDNSというサーバーがIPアドレスとホスト名を結び付けているため、自動でホスト名からIPアドレスを割り出して接続を行っています。ただし、「hosts」ファイルに設定が書き込まれている場合、優先的に「hosts」ファイルを参照してIPアドレスとホスト名を結び付けます。
  今回の特定のサイトだけが繋がらない現象は悪質なプログラムがこの「hosts」を書き換え、特定のドメインをブロックするもしくは別のドメイン(IPアドレス)に転送するように書き換えられている可能性があります。
 この「hosts」ファイルを開き、改ざん箇所を消すことによって特定のサイトだけが繋がらない現象を直すことができます。
Hostsfile


「hosts」は次の場所にありますので、このファイルをメモ帳などで開きます。

C:\WINDOWS\SYSTEM32\DRIVERS\ETC\HOSTS
 
開いたら、「hosts」ファイルの一番下に

Windows 10/8.1/8 7の場合

#      127.0.0.1      localhost
#      ::1            localhost

Windows Vista / 2008の場合

127.0.0.1      localhost
::1            localhost

Windows XP / 2003の場合

127.0.0.1      localhost

となっているはずですが、その下に例えば
Hosts2

 215.145.52.36 Google.com などといった、自分で設定した覚えのないところがあればその部分が書き換えられた可能性があります。
 悪質なプログラムの書き換えの場合、大半は最後の部分に追加して書き換えますので、一番下の設定部分で見たことのないアドレスがある場合はその行を削除して保存し、再起動を行えば今まで繋がらなかったサイトが見れることができます。
 保存する場合はメモ帳で保存する場合 「.txt」などの拡張子が付くことがありますので、「.txt」の拡張子を付けないで保存してください。

 Windows7以前のOSの場合、「hosts」ファイルの修復ツールが提供されています。

 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/972034

 なお、アドレスの削除に自信がない場合は一旦「hosts2」なとといったファイル名で元の状態を別に保存し、一行一行削除して確かめてみてください。

 この「hosts」ファイルに改ざんが見られなかった場合はブラウザの接続設定の改ざんも考えられます。各ブラウザの設定で「ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定」の「設定を自動的に検出する」をはずして試してみてください。
ASK2

 あと、悪質プログラムにより、ホームページを設定していても起動時に変なページが開く場合、ブラウザのショートカットが改ざんされている可能性があります。
 ショートカットを右クリックし、「プロバティ」を開くと、ファイルの場所の項目があります。
 このファイルの場所の項目が
 ”ブラウザのプログラムのパス”http;//www.~となっていますので、このパスの後ろのURLを削除してください。ただし、デスクトップだけでなく、スタートアップの中のショートカットも同時に改ざんされている可能性がありますので、そちらも同様に確認してください。