PASOIMG01
 本日は過去の記事から役立つ情報を再掲いたします。
 4月に入り新生活を始める人も多いと思います。新社会人は特にこれから仕事をする上でパソコンが必要となるため、購入する人が多いでしょう。思いきって新品を購入する人もいますが、とりあえず馴れるために中古パソコンを購入する人も多いと思います。そこで、中古パソコンを購入後、まずやらなければならないことをご紹介します。
1.メモリの容量を確認
MEMIMG

 中古パソコンの場合、値段わを抑えるために最小のメモリしか搭載していない場合が多いです。この最小メモリーの容量はOSを動かすための必要容量のため、これから使用するには全然足りません。最低でもWindows7以降の場合は全部合わせて8GBくらい必要となりますので、足りない場合は購入したお店にいって中古のメモリでもいので増設しましょう。

2.OSのリカバリーCD作成とプロダクトキーの確認
RECD01

 中古パソコンの場合新製品と違い 、本体に記載されている(シールが貼られている)OSのバージョン、プロダクトキーが違うことがよくあります。これは、前に使用していた人がOSを入れ換えたり、またはショップで古いOSがサポート終了などや、売れるようにするためにOSの入れ換えなどを行う場合があります。そうなると、使用時に何らかのトラブルでOSの再インストールを行おうとしても出来なくなってしまいます。そのためにもプOSのプロダクトキーは必ず確認し、保存しておいてください。
 また、中古パソコンのほとんどは購入時にるリカバリーCDがついてきません。これはリカバリーの場合は別のドライブ領域に存在しており、そこからリカバリーするようになっています。しかし、何らかのトラブルでハードディスクの初期化や交換などといったことも十分にありますので、必ずリカバリーCDを作成しましょう。
 
プロダクトキーを確認するソフト NirSoft 「Produkey」

http://www.nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html

リカバリーCDの作成の関連記事

【便利ソフト】ISOファイルが簡単に入手できる【Windows】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/12746786.html

【もう一度チェック】Windows10インストール後にやっておくこと【もしものために】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/5465814.html

【高機能】バックアップソフトの紹介【フリーソフト】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/6189933.html

3.インターネットに繋ぐ前にウイルス対策ソフトを
ANTUIRUS02

 インターネット上はコンピュータウイルスやマルウェアなどが沢山あり、無防備なパソコンは10分繋いだだけで感染してしまうと考えた方が良いです。Windows10の場合はセキュリティはある程度しっかりしていますが、Windows8.1以前はやはりウイルス対策ソフトは必要になります。必ず対策ソフトを導入し、常に最新の状態にしてください。


4.ソフトのインストールはひとつずつ慎重に
INSTIMG

 追加のソフトをインストールする場合、一気に同時にインストールしてはいけません。必ずひとつずつインストールを行ってください。

5.ネットワークの調整

 Windows7以降のOSの場合、デフォルトのネットワークの調整ではスピードが出ない状態となっています。そこで、ネットワークのチューニングレベルを変更させる作業が必要になります。
 方法は次の通りです。
 1.スタートボタンを右クリックして「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックします。
 2.netsh interface tcp show global と入力します。
 3.ここで、「受信ウインドウ自動チューニングレベル」が「normal」になっている場合、次のように入力して変更します。
  netsh interface tcp set global autotuninglevel=restricted
 もしくは
  netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted
 どちらを使うかは実際入力して速度が速い方を使ってください。

 ネットワークのスピードテストのリンクを下記に記しますので、実際に計測して判断してください

RBB SPEED TEST
http://speed.rbbtoday.com/


6.WindowsOSの修正アップデートを実行

 ネットワークなどの設定をしたら、次にOSの更新プログラムを必ず実行してください。購入時のOSは修正プログラムが適用なっていない場合があります。また、適用されていたとしても最新のものが適用なっていませんので、必ず使用する前に修正プログラムをコントロールパネルもしくは設定から必ず手動でダウンロードし、実行してください。

6.最後にハードディスクの最適化

 すべてが終わりましたら、最後にハードディスクの最適化を実行しましょう。ただし、SSDの場合は逆に行わないでください。ハードディスクの場合、最適化を行うことによりパフォーマンスが向上します。SSDは逆に最適化は寿命を縮めますので行わないでください。

 上記のことは、中古パソコンを購入後は必ず行ってください。これを行うことにより新品同様快適に使用することができます。