Win10img

 今月6月14日の定例アップデートで一部の更新プログラムの不具合により、インストールできない、または再起動がループされるという現象が発生しているようです。


UPDATE03


 今回の累積的な更新プログラムで不具合を起こしているのは、更新プログラム「KB4022725」となります。
 更新プログラムの不具合の症状は、エラーメッセージが表示されずにインストールが停止してしまうというものです。
 一部では、一定時間待っているとインストールが正常に完了する場合もあるそうですが、そのほとんどは、エラーメッセージが表示されずにインストールが停止し、再起動してしまうといったようで、再起動後OSが立ち上がらず、ループ状態になってしまいます。

 今回のアップデートの不具合に関しては、Microsoftでも状況が確認されておらず、対処方法は今のところありません。

Win10setup3
 この問題を解決する唯一の方法として、再起動時に「システムの復元」を行い、6月14日以前の状態に戻すしかありません。

 システムの復元後、再びWindowsの更新を行うと、再び同じ現象に遭遇しますので十分注意してください。

 今回の累積的アップデートの不具合に対する修正プログラムは現時点ではMicrosoftでは公開予定がありません。この現象について、Microsoftでは認識していないのが現状です。

 このような現象になってしまった人は、先ほどの通り6月14日以前の状態まで戻して、様子をみたほうが良いかもしれません。
 なお、Microsoftでこの件の修正情報が発信された場合は再びこのブログで掲載いたします。