android
 Andoridの最新のバージョンであるAndroid 7.1 Nougatに公表されていないとても静かな機能が追加されているそうです。

PANI

 その名も「パニック検出モード」というものです。この機能はアプリケーションが「戻る」や「ホーム」のボタンで終了しない場合の強制終了方法で、0.3秒以内に「戻る」キーを4回以上押し続けてアプリを終了させるという機能です。
 この「パニック検出モード」はAndroidオペレーティングシステムのバックグラウンドで実行されており、ユーザーが0.3秒以内に「戻る」キーを4回押した場合、オペレーティングシステムがアプリケーションを上書きして安全にホーム画面に戻るという仕組みだということです。

 この機能はGoogleでは正式に公開しておりませんが、XDA DevelopersはAndroid 7.1 Nougatのソースコード内でこの機能を発見したということです。

 「パニック検出モード」を搭載した背景には、やはり「悪意のあるソフトウェア」特に最近非常に出回っている「ランサムウェア」のよる被害を少しでも食い止めようとする狙いがあるかもしれません。

 ランサムウェアの被害は最近のニュースなどにより主にパソコンなどの被害が大きいと思われがちですが、実は全体の被害状況はパソコンよりもスマホなどのモバイル端末が多いということです。

 ランサムウェアはみなさんご存知の通り、ファイルを暗号化して身代金を要求します。
 現在のネット環境の端末はパソコンよりもモバイル端末の台数のほうが多くなっております。そのため、パソコンをターゲットにするよりもモバイル端末をターゲットにしたほうが、ランサムウェアの作成者は効率が良いというわけです。
 また、最近ではGooglePlayを利用した悪質なファイルやコードが次々を見つかっております。Google側でも十分にチェックを行ってセキュリティを高めていますが、それでも防げていないのが現状です。 
 そうしたことから最終手段として、もし、何らかの形で悪質のあるソフトウェアを実行してしまった場合にそれ以上の被害を防ぐということで今回の機能を追加したのかもしれません。
 この「パニック検出モード」はAndroid7.1のみの機能でそれ以外のバージョンには搭載されておりません。