PALEMOON

 Firefoxの派生ブラウザで知られている「Pale Moon」ですが、今回っ脆弱性を修正し大型アップデートを行いました。


Pale-Moon274

 「Pale Moon」はMoonchild Productionsが提供しているフリーソフトで、Firefox」から派生したWebブラウザです。
 このブラウザはFirefoxのレイアウトエンジンである「Gecko」を修正し、独自の「Goanna」というものを使用しています。
 このブラウザは根強い人気があり、その大きな魅力の一つに、古い「Firefox」拡張機能のサポートとユーザーインターフェイスの拡張性を維持していることが挙げられます。

 現在のFirefoxは高速リリースを行っているため、そのバージョンの変化が気に入らないユーザーなどはこの「Pale Moon」を使用しており、いわば古き「Firefox」をそのまま再現しているブラウザというようなブラウザです。

 動作環境は通常のFirefoxよりも軽く、私も、WindowsXP時代にこのブラウザをメインとして使用していました。(その当時はFirefoxは激重で有名なのもありましたが。)


 以前のバージョンでは動画共有サイトにおけるビデオ再生の問題(「YouTube」「Twitch」「Vimeo」など)がありましたが、今回のアップデートでJavaScriptでメディアストリームを扱うための方法が全面的に書き直され、非同期化と仕様への準拠が図られたようです。
 ただし、新しいバージョンでの非同期MSEはWebM形式をサポートしていないので注意が必要なようでWebM形式をMSEで利用したい場合は、設定画面で非同期MSEを無効化する必要があるとのことです。

 そのほかにもいくつかの脆弱性を修正しており、「TLS 1.3」が新たにサポートされたほか、Macフォントの問題(ドメイン偽装に悪用される恐れのある脆弱性)やそのほかの脆弱性の修正が施されています。

Pale Moonは下記から入手できます。


 日本語で使用する場合は言語ファイル(Language Packs)も入手する必要がありますので、同サイトから入手してください。
 なお、言語設定を反映されるには、Firefoxと同様に「about:config 」を開き、
「general.useragent.locale」の値を「ja」にする必要があります。そこだけ注意してください。