DONKIPC

 ドンキホーテから激安パソコンが発売になり、話題となっていますが、そのPCのスペックはメモリーが2GBとなっています。
 これ以外でも4GB以下しか搭載していないパソコンを使用しているWindows10ユーザーはいると思いますが、そんな人は次の設定を確認してください。
 2017年4月12日リリースのバージョン1703以降のWindows10は、4GB以上の物理メモリーを搭載したPCを対象に、Svchostのプロセスを分離する機能が加わわっています。

 以前のWindowsは複数のサービスを1つのSvchostで管理していました。この方法は使用メモリーが節約できる反面、1つのSvchostで複数のサービスを制御することで、結果として全体のCPU負荷が高まることになります。また、1つのサービスが何かの原因によりハングアップした場合に、Svchostを巻き込んで他のサービスも停止し、結果としてOS全体がクラッシュしてしまうこともあります。
 今回、Windows10がリリースされたことにより、パソコンの性能も以前よりもスペックが向上したことから、メモリーの消費よりもOS全体の安定性を優先することになったようです。

 このことから、Windows10の安定性が向上しておりますが、今回のドンキホーテのPCのようにメモリー増設が難しいマシンは、逆にアプリケーションの動作に悪影響を及ぼす可能性があります。そこで、このSvchostのプロセスを分離する機能をOFFにする必要があります。

 このプロセス機能をOFFにするには、レジストリのキー値を変更し、プロセス分離を行うメモリーのバイト数を現在の設定値である3.67GBから8GBにして、8GB未満はプロセス分離を行わないようにする方法となります。
 
 このプロセス機能を有効にするレジストリはHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\ControlキーのDWORD値の「SvcHostSplitThresholdInKB」で設定されており、この数値を変更することになります。方法は次の通りです。


1. [Win]+[R]キーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動し、テキストボックスに「regedit」と入力して、<OK>ボタンを押します。レジストリエディターが起動します。
2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Controlキーを開きます。
3. DWORD値「SvcHostSplitThresholdInKB」をダブルクリックし、データを10進数で「8388608」に変更します。(この値が8GBの値となります。)
4. <×>ボタンをクリックして、レジストリエディターを終了します。
5. Windows 10を再起動します。
6. 再起動後、「タスクマネージャー」を起動し、<プロセス>一覧から任意のサービスホストをクリックして展開し、複数のサービスが1つのプロセス下で動作していることを確認してください。

 元に戻す場合は先ほどの「SvcHostSplitThresholdInKB」を「3670016(10進数)」にします。また4GB以上にする場合は「380000(16進数)」(10進数ではないので注意!)にします。

 4GBしか搭載していないパソコンを使用しているWindows10ユーザーは一度設定を行ってみてください。全体のパフォーマンスが向上します。