2017_2

 さあ、2017年もあと少しで終わりです。今年初めに無責任に予想したIT動向が当たっていたかどうか昨日に引き続き検証してみたいと思います。今回で最終となります。
予想
7.IPv6形態の接続の普及
 各国とも現在使用しているIPv4形式での通信のアドレスが枯渇し大問題となるでしょう。これにより新しいアドレス形態であるIPv6に移行しなえればならず、各業界もこのIPv6接続に急遽対応しなければならない状態になります。各接続プロバイダもこのIPv6接続に変更しなければならない状態になり、現在のIPv4接続優先からIPv6接続優先に変わる節目の年になるでしょう。
dokuro

結果
 IPv4形式での通信のアドレスが枯渇するといわれていますが、まだなんとか使えてる状態だようです。しかし、今年に入り各サイトでもIPv6形式で表示できるようになり、IPv6化が進んでいます。
 そんな状況から少しずつネット上ではIPv6に移行していっているということになります。


予想
8.ランサムウェアの被害拡大
 今年のランサムウェアの被害は一般企業や個人が被害に合った年でしたが、今年は官公庁関係など生活に関わる所での被害が多くなり、深刻な問題となるでしょう。何年か前に起こった韓国のネットワーク障害事件のように日本でも大規模な障害が起こり、混乱が起こるかもしれません。

結果
 これは残念ながら当たってしましました。今年は特にランサムウェアの被害拡大が多く、個人ならず一般企業も相当の被害が合ったと思います。ランサムウェアの被害はもはや他人事ではない状況です。
 被害に逢わないように十分注意しましょう。

 


garake

予想
9.ガラケーが復活?
 現在、携帯電話の主流はスマホになりつつありますが、今年に入り昔の携帯電話のデザインでの「ガラケー」が再び人気となり、新製品も「ガラケー」が多くなるかもしれません。
 しかもこの「ガラケー」が前のガラケーと違い、スマホ機能を持った片手で操作できるガラケーで、本来の「電話」をやはり中心に持ってきた進化型の「ガラケースマホ(略してガラスマ?)」かもしれません。(もしかしたら折りたたみ式スマホ?)

結果
 各社が本当に折りたたみ式スマホを開発していました。Samsungの折りたたみ式スマホ「Galaxy X」やZTEの折り畳み2画面スマートフォン Axon Mなどを発表しています。
 今年の年末からのトレンドは「Foldable Phone」通称『フォルダブル』というもので、予想したガラケーではなく、折り畳み時はスマホ、広げるとタブレットといったような感じだそうです。この機能はこのガラケーからアイデアを生み出したのかもしれません。



brauz
予想
10.インターネットブラウザの進化・統合
 インターネットブラウザが今年に入り、急激な進化を遂げます。動作が軽快になり、今まで以上にストレスなくインターネットを閲覧できるようになるでしょう。しかも今までは各ブラウザごとに、技術的な部分は独自性を持っていましたが、アドオンなどの拡張部分は各ブラウザ関係なく使用できたり、ブックマークや履歴などもブラウザで共有することができるといったように、「ブラウザのデータ共有化」が今年に入って各ブラウザが主に力を入れてくるかもしれません。

結果
 各社ともブラウザの進化はここ1年凄かったものがありました。とくにFirefoxの旧アドオン使用を廃止することにより、「ブラウザのデータ共有化」が1歩進んだような感じがします。
 また、各ブラウザも軽く、早く、軽快にといった感じで、1年前に比べてストレスなく使用できる感じがします。来年もバージョンアップに各ブラウザ期待していきたいと思います。
 
 以上で今年の予想したのを検証してみました。今年はIT業界は非常に変化を遂げた年でありました。来年は今年新たに変化した技術がいよいよ暮らしの中に取り入れられてくる年になります。
 来年もIT業界によって良い年であることを願いたいと思います。

 明日から来年の1月5日まで更新を休みます。次回の更新は1月6日からとなります。
 ただし、緊急の場合は随時情報をアップいたします。