win10_2

 マイクロソフトは2018年2月24日、Windows10の累積的な問題を解決し、Anniversaryと Fall Creators Updateの最新更新プログラムを作成し、公開しました。今回の最新版は今までのバグの修正が含まれております


 以下の内容が今回修正された点となります。(修正内容はMicrosoftよりGoogle翻訳を使ってそのまま引用しております。そのため、若干文章がおかしくなっておりますご了承ください)


Anniversary Update

2018222-KB4077525OSビルド14393.2097):

  • Citrix社のXenAppのユーザーはCtrlキー+ F1を押して、パスワードを変更することはできませんアドレスの問題。
  • パフォーマンスログユーザーグループのメンバーにエラーが発生したアドレスの問題は、「アクセスが拒否されました。(HRESULTからの例外:0x80070005E_ACCESSDENIED))」。、パフォーマンスカウンタのログをスケジュールし、トレースプロバイダを有効にするか、トレース情報を収集しようとしているときにエラーが表示されます。
  • WinRMのイベントクエリは、ターゲットサーバーからのエラー「0x6c6RPC_S_INVALID_BOUND)」を返すアドレスの問題。サーバは、サブスクリプションを使用して分析するために、中央サーバに、セキュリティイベントログをプッシュするように構成されているときにエラーが表示されます。
  • 条件付きアクセスを使用した場合のMicrosoft Outlookへの認証に失敗したアドレスの問題。
  • スマートカードログオンは、「スマートカードでのサインインすると、自分のアカウントでサポートされていません...。」認証DCが再起動した後にエラーで失敗したアドレスの問題。認証DCは、システムイベントログにKDCイベント19およびKerberos配布イベント29を記録します。ログには、適切な証明書がスマートカードログオンのために見つけることができないと述べています。
  • アドレスの問題certutil.exe -MergePfxコマンドは、複数のV1証明書のマージされたEPFファイルを作成できませんでした。
  • アドレスSM3暗号ハッシュアルゴリズムは、TPMデバイスではサポートされていなかった問題。この問題が発生してお客様はTPMの初期化に失敗したことに気づきました。
  • ユーザーはOSのアップグレードまたはLCUの更新をしようとしたとき0x06d9障害が発生したアドレスの問題。システムは自動的にアップグレードまたはアップデートの前のバージョンに戻ります。
  • サーバーエラーがファイル転送中に時折発生するアドレスの問題。エラーは、「TCPIPStop D1TcpSegmentTcbSend」です。
  • ワイヤレスネットワークに接続中にリモート認証ダイヤルインユーザーサービス(RADIUS)は、サーバー名が認証されていないアドレスの問題。
  • ログイン時にiSCSIターゲットのリダイレクトはエラー9Fを停止するようにつながる可能性がありアドレスの問題。
  • ディスクが削除を保留されている場合はパススルーSCSI要求が停止エラーにつながる可能性がありMPIO内のアドレスの問題。
  • すべてのパスがアクティブまたは最適化されていないされているドキュメントに一致するようにアップデートMPIOパス選択アルゴリズム。
  • アプリケーションを起動するときStorNVMeの遅延機能は小さなCPU使用率の増加を引き起こす可能性がありアドレスの問題。
  • もっと徹底的ファイルの複数のビューをアンマップによってReFSでは、パフォーマンスを向上させます。参照KB4090104ReFSではメタデータ・ストリームに対応するための追加的な調整可能なレジストリパラメータについて。
  • そのハッシュテーブルからアイドルコンテナを除去することにより、ReFSでは、パフォーマンスを向上させます。
  • エラーE1を停止するようにつながる可能性が統一ライトフィルタと接続されたUSBハブとブートアドレスの問題。
  • インターネット接続サービス(ICS)接続はOSの再起動またはICSのサービスの再起動後には保存されませんアドレスの問題。また、オプションで使用して、このソリューションを有効にすることができEnableRebootPersistConnection  中で説明したレジストリキーKB4055559
  • SDNネットワークマネージャの正しい情報を持つパブリックIPをクリーニングします。
  • 更新Google Chromeの要件と互換性のある証明書の透明性(CT)用ADCSのサポートを追加します。CTは、ログインして、改善されたセキュリティのための証明書のメタデータを公開する証明機関によって使用される技術です。
  • 公的に信頼SSL / TLS証明書の証明書の透明性のためのADCSのサポートを追加します。
  • アドレスディレクトリサービスの変更の監査イベント5136Valueフィールドの情報が欠落している問題。あなたは、Windows Server 2016ドメインコントローラ上のオブジェクトの属性を変更する場合に発生します。あなたはPowerShellを使用している場合、この問題が発生することがあります(コマンド-ADGroupMemberを追加または設定し、広告グループを代わりに識別名のユーザーのSIDを使用してグループにユーザーを追加します)。
  • ADFSファームは、Windows内部データベース(WID)を用いて、少なくとも2台のサーバーがある場合、HTTP 500エラーが発生したアドレスの問題。このシナリオでは、HTTP Webアプリケーションプロキシ(WAP)サーバ上での基本的な事前認証は、一部のユーザーを認証するために失敗しました。エラーが発生した場合、あなたはまた、Microsoft WindowsWebアプリケーションプロキシはWAPイベントログにイベントID 13039を警告表示される場合があります。記述は読み、「Webアプリケーションプロキシは、ユーザーの認証に失敗しました。事前認証は、「リッチクライアントの場合ADFS」です。指定されたユーザーは、与えられた証明書利用者にアクセスすることを許可されていません。ターゲット依存者またはWAP依存者のいずれかの許可ルールが変更される必要があります。」
  • AD FSは、もはや無視することはできませんしたアドレスの問題=プロンプトログインを  認証中。障害者  オプションはパスワード認証が使用されていないシナリオをサポートするために追加されました。詳細については、AD FSは、Windows Server 2016 RTMでの認証中「プロンプト=ログイン」パラメータを無視します
  • 選択認可顧客(および依拠当事者)のAD FSのアドレスの問題  証明書を認証オプションとしては、接続に失敗します。使用する際に障害が発生し、プロンプト=ログインを  Windows統合認証(WIA)が有効になっていると、要求がWIAを行うことができます。
  • アイデンティティプロバイダ(IDP)はOAuthのグループに証明書利用者(RP)に関連付けられている場合、AD FSが誤ってホームレルムディスカバリ(HRD)のページを表示するアドレスの問題。複数の国内避難民がOAuthのグループでRPに関連付けられている場合を除き、利用者は、HRDページに表示されません。その代わり、ユーザーは認証のために関連したIDPに直接移動します。
  • (代わりに、相対URIの)絶対URIを使用し、いくつかのリモートデスクトッププロトコル(RDP)クライアントがリモートデスクトップゲートウェイへの接続からWebアプリケーションプロキシ(WAP)サーバーによってブロックされたアドレスの問題。iOS版、マック、アンドロイド、およびWindows現代のRDPクライアントアプリのこの影響を受けたRDPクライアント。エラーは、我々は、エラーのためにゲートウェイに接続できませんでした」です。これが起こって続ける場合は、あなたの管理者またはヘルプのための技術サポートをお願いします。エラーコード:0x03000008「。
  • あなたはこれらのエラーのいずれかでレポート内のリンクを選択すると、GPMSレポートがコンテンツを表示されていないアドレスの問題:
    • エラー:「XmlSerializerを」は未定義です。
    • DOMParserには」未定義です。
    • サーバーの実行に失敗しました。
  • ファイルが2.2 TBを超えて更新されたときに最適化された未満2.2 TBであるファイルがDEDUPプロセスによって破損することができるアドレスの問題。
  • 壊れ-たとしても、それはisn't-時にかかわらず、2.2 TBを超えるファイルにフルDEDUPスクラブを実行しているファイルは常にマークされているアドレスの問題。
  • アドレスの問題はどこ、.NET 4.7をインストールする新しいDFSレプリケーショングループを作成するか、DFSの管理スナップインで、既存のレプリケーショングループにメンバーを追加した後にエラーにつながります。エラーは、「値が予想される範囲内に収まっていない」です。
  • .NET 4.7をインストールした後、アドレスの問題場所、予期せず選択すると閉じることがフェールオーバークラスタ管理UIでクラスタの作成ウィザードをブラウズする  サーバーの選択]ページで。
  • 日本語キーボードのレイアウトは、リモートアシスタンスセッション中に正常に動作しませんでしたアドレスの問題。
  • リモートデスクトップVDIコレクションへのログオンが始まるアドレスの問題は、サーバーの稼働時間の期間の後に失敗します。パフォーマンスカウンタリモートデスクトップ接続ブローカーリダイレクタCounterset / RPCコンテキストは、ログオン時間の間にインクリメンタルな成長が表示されます。値が40に達すると、ファームに新しい接続が失敗するかタイムアウト。
REDSTONE3

2018222-KB4077528OS 15063.936の構築):

  • アドレスのアプリケーションが使用して別のプロセスに属するウィンドウの属性の読み取りや書き込みができない問題Get / SetWindowWord取得/ SetWindowLong関数を、または取得/ SetWindowLongPtr
  • 表示されるデスクトップを遅らせるInternet Explorerが応答を停止するアドレスの問題は、作るスタートメニューが応答しない、といくつかのシステムトレイのアイコンが消えてしまいます。
  • パフォーマンスログユーザーグループのメンバーにエラーが発生したアドレスの問題は、「アクセスが拒否されました。(HRESULTからの例外:0x80070005E_ACCESSDENIED))」。、パフォーマンスカウンタのログをスケジュールし、トレースプロバイダを有効にするか、トレース情報を収集しようとしているときにエラーが表示されます。
  • 条件付きアクセスを使用した場合のMicrosoft Outlookへの認証に失敗したアドレスの問題。
  • 特定のデバイスガードのルールは、システムが動作を停止する可能性があり、信頼性の問題を解決しました。
  • ユーザーはOSのアップグレードまたはLCUの更新をしようとしたとき0x06d9障害が発生したアドレスの問題。システムは自動的にアップグレードまたはアップデートの前のバージョンに戻ります。
  • サーバーエラーがファイル転送中に時折発生するアドレスの問題。エラーは、「TCPIPStop D1TcpSegmentTcbSend」です。
  • ワイルドカード文字(*、?)を含むプリントサーバ名が効果を取ってから、ポイントと印刷の制限グループポリシーを防ぎアドレスの問題。
  • ワイヤレスネットワークに接続中にリモート認証ダイヤルインユーザーサービス(RADIUS)は、サーバー名が認証されていないアドレスの問題。
  • ログイン時にiSCSIターゲットのリダイレクトはエラー9Fを停止するために導くかもしれないアドレスの問題。
  • サーバー側のパフォーマンスの低下や高遅延シナリオの転写不良率の原因となるアドレスの問題。
  • インターネット接続サービス(ICS)接続はOSの再起動またはICSのサービスの再起動後には保存されませんアドレスの問題。また、オプションで使用して、このソリューションを有効にすることができEnableRebootPersistConnection  中で説明したレジストリキーKB4055559
  • 自動登録の受信トレイのテンプレートとアドレスの問題は、スケジュールされたタスクが適切なトリガーを持っていなかったUEVのために備えています。
  • ポリシーは、グループポリシーオブジェクト(GPO)を使用して設定されたときのApp-VクライアントがSyncOnBatteriesEnabledのポリシーを読んでいないアドレスの問題。
  • アドレスの問題ではサポートApp-Vを有効にクライアントポリシーのフィールドは、グループポリシーエディタで空白になっています。
  • いくつかのApp-Vパッケージは、接続グループに属している場合、レジストリにおけるユーザーのハイブデータが正しく維持されていないアドレスの問題。
  • 単一のパッケージのための複数の設定ファイルがある場合、管理者は、そのような彼らのApp-Vパッケージの適切な設定を選ぶと、行動を起こすための追加のロギングを提供します。
  • カーネルのコンテナを使用して、レジストリの仮想化と互換性がありませんのApp-Vパッケージとアドレスの問題。問題に対処するために、我々は、デフォルトでは、以前の(非コンテナ)メソッドを使用するために、レジストリの仮想化を変更しました。レジストリの仮想化のための新たな(カーネルコンテナ)メソッドを使用したいお客様には、まだ1に次のレジストリ値を設定することにより、それに切り替えることができます。
    • パス:マイクロソフト\ AppV \クライアント\互換性のHKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \
    • 設定:ContainerRegistryEnabled
    • データ型:DWORD

原文1https://support.microsoft.com/en-us/help/4077525/windows-10-update-kb4077525

 

原文2https://support.microsoft.com/en-us/help/4077528/windows-10-update-kb4077528