RekiWindows


 前回から数回に分けて歴代のWindowsの思い出などを綴っております。今回はWindows 2000です。
1.WindowsMeから急きょWindows 2000に切り替えた
Win2000

 当時最悪なWindows Meに我慢が出来ず、急きょWindows 2000に切り替えた人も多いと思います。
 Windows 2000に切り替えての安定性には感動もの!!(これが当たり前ですが、なんせ、Windows Meの不安定から切り替えたときた天使が舞い降りた感じでした。)
  しかし、発売当初の欠点は周辺機器のWidnows 2000の対応ドライバが少ないことで、安定性をとるか、ハードの使用をとるかと考えた場合は、当然周辺機器のハードの使用を我慢しても「安定性」をとっていました。
 しかし、やはりWindows 2000の人気が高くなり、徐々に周辺機器のドライバも対応するようになり、私が使ったOSの中でも「お気に入り」のOSで使用期間もけっこう長く使っていた記憶があります。

2.Windows 2000でサーバーのいろいろな機能に触れた

W2KSVR

 Windows 2000の面白いところはやはりサーバー向けの機能があり、このOSでネットワークやサーバー構成の知識を得たOSと言えます。もちろん通常のエクセルなどのアプリケーションなども数多く使用していましたが、同時にちょっとサーバー機能も試して「なるほど!」と自分で勝手に納得していた記憶があります。
 また、このころからADSL回線などが普及していたため、インターネットも「モデム」から高速回線へと移行し、電話料金を気にせずインターネットを楽しむことができました。

3.インターネットの普及により、いつのまにかウェブを見るのが中心のマシンに?
WEBIMG

 高速回線が我が家にやってきて、はじけてしまった時代でした。今までは電話料金を気にしながら低速回線で画像を読み込むのも一苦労で、新しいOSだということでWindowsMeにしたら、インターネットを見るどころかブルースクリーンをばかりを見る羽目に。対処方法もググることも出来ずに同じことの繰り返しでしたが、Windows2000に変更したらその問題が一気に解決してしまいました。
 高速回線を使って最初のウェブページを見た時の速さは超感動もので、インターネットを見る楽しさにはまってしましました。もちろん怪しいサイトや危険なサイトもいろいろと見ていました。危険なサイトに行って地雷を踏んでいくうちにインターネットのセキュリティというものも徐々に覚えていきました。



4.FAT?NTFS? 
FATNTFS
 Windows2000にしてから一定の期間、ハードディスクのフォーマット体系をFAT形式で行っていました。メーカー製のパソコンを最初から購入していればハードディスクのフォーマットがNTFS形式になっていると思いますが、実はこのWindowsMeからWindows2000への切り替え時、当時「組み立てパソコン」が流行っていた時代でしたから、私もその流れに乗ろうと初めて組み立てパソコンなるものを作ってみわけです。そのため、何も知らずにWindows98時代の方式によってFAT形式でハードディスクをフォーマットして使っていたわけです。
 Windows2000にして結構な時間が経ってから「えっ!何?NTFSフォーマット?」といった感じで、そこでお恥ずかしい話ですがNTFS形式なるものを知ったのです。
 ネットを見ながらハードディスクをNTFS形式にしたのを今でも覚えています。


5.サービスパックのインストールが楽しみ
W2KSP

 現在のWindows10などの大型アップデートは不安だらけですが、その当時のWindows2000のサービスパックの適用は楽しみがありました。サービスパックはセキュリティ更新が主ですが、それと同時に新機能もいろいろ追加され、その新機能を体験してみようといち早くサービスパックを入手し、インストールしていた記憶があります。


6.すでにサポートは終了したが...
 すでにWindows2000のサポートが終了したが、OSの内容はとても使いやすいOSであったと言えます。細かい部分の問題はいろいろとありましたが、安定性は非常にあったOSで、この流れをXPが受け継いでいるため、みなさんもご存じのWindowsXPはやはり世界中の人が認められるOSであり、その基礎を作ったのがこのWindows 2000と言えると思います。