Edgeicn
 MicrosoftはWindows10の標準ブラウザであるMicrosoft Edgeの開発を断念しました。

ChromeImg
 Microsoft Edgeは、新しいOS機能のアップデートの一部として洗練されていく予定で、Microsoft EdgeですべてのGoogle Chrome拡張機能を動作させることに本来なる予定でしたが、2つのブラウザが異なるエンジンを使用していたため、実際、Google Chrome拡張機能を使うということは難題になっていました。 
Addon
 開発ユーザーにはエクステンションなるツールを提供し納得させていましたが、実際には、Google Chromeユーザーがすぐに使用できるように機能拡張を簡単にインストールできることができません。
 Microsoftは Edgeをセキュリティの面からもすばらしいブラウザだと言っておりましたが、世界中で使用されているブラウザの大半はGoogle Chromeで、次いでFirefoxとなり、Microsoft Edgeのユーザーは少数となっています。
 実際ブラウザのパフォーマンスの面から見ても、Google ChromeやFirefoxと比較しても劣っており、ときどきクラッシュしたり、読み込み時間が遅くなったり、機能が不足したりしという理由からWindows 10のユーザーは一度はEdgeは使うものの、結局はGoogle ChromeやFirefoxに戻すという状況でした。

  Microsoft Edgeは現在、EdgeHTMLというエンジンを使用していますが、これはChromeやFirefoxなどの他のブラウザに対応できておらず、このエンジンを使用したブラウザの開発を今回中止することになったようです。
 新しい予定のブラウザはアナハイムのコードネームで呼ばれておりChromiumベースのブラウザのようです。このChromiumベースのエンジを使用することにより既存のChrome拡張機能をサポートすることができ、Googleサービスを使用できることを目的としているとのことです。

 この新しいブラウザは今週発表され、今後のWindows 10の19H1アップデートで一般公開される予定です。目標として来春の大型アップデートで正式に搭載することで、これによりMicrosoftは今後のブラウザのシェアを伸ばそうとしております。
 製品名は「Edge」という名前をそのまま引き継ぐのかどうか分かりませんが、このChromiumベースのブラウザによって、Chromeブラウザ拡張をサポートし、ブラウザ互換性を高めて、Edgeブランドを維持することをMicrosoftは目標にしていると思われます。