SPAM
 最近SPAMメールや迷惑メールが多く困っている、もしかしたらメールアドレスが流出しているのでは?といった疑問も浮かんできます。そんな時、メールアドレスが流出してしまっているかどうか確認できるサイトがありますのでご紹介します。






アドビ:2013年10月に、1億5,300万のアドビアカウントが侵害され、それぞれに内部ID、ユーザー名、電子メール、暗号化パスワード、およびパスワードヒントがプレーンテキストで含まれていました。 パスワードの暗号化はうまく行われておらず、多くはすぐにプレーンテキストに解決されました。 暗号化されていないヒントでは、パスワードについて多くのことが明らかにされており、何億ものアドビのお客様がすでに直面しているリスクをさらに高めています。

データの漏洩:メールアドレス、パスワードのヒント、パスワード、ユーザー名

Apollo: In July 2018, the sales engagement startup Apollo left a database containing billions of data points publicly exposed without a password. The data was discovered by security researcher Vinny Troia who subsequently sent a subset of the data containing 126 million unique email addresses to Have I Been Pwned. The data left exposed by Apollo was used in their "revenue acceleration platform" and included personal information such as names and email addresses as well as professional information including places of employment, the roles people hold and where they're located. Apollo stressed that the exposed data did not include sensitive information such as passwords, social security numbers or financial data. The Apollo website has a contact form for those looking to get in touch with the organisation.

Compromised data: Email addresses, Employers, Geographic locations, Job titles, Names, Phone numbers, Salutations, Social media profiles


アポロ:2018年7月、セールスエンゲージメントのスタートアップアポロは、パスワードなしで公開されている何十億ものデータポイントを含むデータベースを残しました。 このデータはセキュリティ研究者Vinny Troiaによって発見され、その後、Has I Been Pwnedに1億2,600万の固有の電子メールアドレスを含むデータのサブセットが送信されました。 Apolloによって公開されたデータは彼らの「収益促進プラットフォーム」で使用され、名前やEメールアドレスなどの個人情報だけでなく、雇用場所、人々が持つ役割、所在地などの職業情報も含まれていました。 アポロは、公開されたデータにはパスワード、社会保障番号、財務データなどの機密情報が含まれていないことを強調しました。 ApolloのWebサイトには、組織と連絡を取りたい方のための連絡フォームがあります。

データの漏洩:メールアドレス、雇用者、地理的位置、役職、氏名、電話番号、挨拶文、ソーシャルメディアプロファイル