KAOSYASIN

 ブログやホームページなどに顔写真を掲載する場合、常にプライバシー保護の問題が伴います。日本で外人の写真を掲載する場合は、(本当はダメですが)相手に気づかれないため使用する場合は多くなりますが、日本人の写真を使用するときは、場合によっては大問題までなってしまう場合があります。



下記のアップした顔写真を掲載します。
KAO05
KAO04
KAO03
KAO02
KAO01
KAO08
KAO07

KAO06

KAO10

KAO09
KAO11


 顔写真を11枚載せました。どこにでもいそうな顔から美人の顔までありますが、実はこの顔は存在しない架空の顔なのです。(似ている人もいるかもしれませんが)

 この顔写真、すべてAIが作成した顔です。しかもたった2秒で作成してしまいます。

 このサイトは「ThisPersonDoesNotExist.com」というサイトで下記リンクとなります。


 このリンクをクリックするだけで2秒後には顔が出来上がります。
 写真をよーく見てもしわの形や肌の質感も本当の写真のようです。また髪の状態も本当に自然です。
 これらの写真はすべてAIが作成した写真です。
 この技術は、Generative Adversarial Networks(GAN)というAIアルゴリズムを使用しているとのことで、生成ネットワークと識別ネットワークを使って2つを競合させ、ディープラーニングを行っているそうです。
 生成ネットワークで顔写真を作ります。その作った顔写真を識別ネットワークで顔写真であるかどうか判別し、その判別によって再度生成ネットワークで顔写真を作り精度を高めていき、また精度を高めた写真を識別ネットワークを使って本物の写真か作った写真か判定する...といったことを何万回と繰り返してここまでの精度になるということです。
 
 


 中にはAIが作成した顔ですから、ちょっとした不思議な形もマレに出るかもしれませんが、これだけ精度が高いのは本当に驚きです。