EXCEL2003
 Microsoftではエクセル2010以降のものに関してはアップデートによって現在の和暦「令和」表記が可能となっております。しかし、エクセル2007以前ではサポート終了のため現在の和暦では対応できず、現在でも「平成」となってしまいます。そこで、エクセル2007以前などの古いOffice製品を現在の和暦「令和」にするアドオンをご紹介しましょう。
 現在でも多くの企業などでエクセル2007を使用している所が多いのが現状です。これはWindowsXPのサポート終了によりWindows7に移行した際にOffice製品も2007のものをインストールしていたところも多いためです。その後、Office製品は2010など新しいバージョンが出ていますが、実際仕事などで新しいOfficeにしなくても良いといったことからバージョンアップを行っていないところも多いと思います。まして個人ユーザーなら新しいOffice製品は非常に高価なため、今まで使用しているOffice2007をそのまま使用している人も多いのが現状です。

 中にはフリーの互換Officeソフトもありますが、なんとなく使いにくいことから我慢して使っている人が多いのではないのでしょうか。

 しかし、今回の新元号によってOffice製品2007はサポート対象外のため、新元号に対応できないということになり、そろそろ新しいOffice製品にしなければならないとあきらめている人もいると思います。しかしちょっとまってください。Office2007でも新元号に対応できる方法があるのです。この方法を使えばエクセル2007でも「令和」に対応できるのです。


AddinBoxというサイトで「令和」対応のアドインが公開されているのです。


リンク先は次となります。
http://addinbox.sakura.ne.jp/Excel_Tips28.htm


Vector
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se518772.html

こちらからもダウンロード可能です。



 上記サイトから「NewEraFunction120.zip」をダウンロードします。このZIPファイルを展開し、「NewEraFunction.xla」というファイルをアドインに組み込みます。

 エクセル2007の場合のアドインの組み込み方は次の通りとなります。

 1.まずはエクセルのメニューを開き「オプション」をクリックします。
 2.オプション画面が開いたら「アドイン」をクリックします。
 3.下にある「管理」の項目を「Excelアドイン」を選択し、「設定」をクリックします。
 4.有効なアドインの一覧が出ますので、「参照」をクリックします。
 5.ファイルの参照で先ほど展開した「NewEraFunction.xla」を探し、OKをクリックします。
 (C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\AddIns の中に前もって「NewEraFunction.xla」をコピーしておけばすぐ出てきます。)

 6.Newerafunction (新元号{令和」対応 日付変換アドイン)にチェックが入っていることを確認しOKを押します。

 これで令和対応のアドインが組み込まれました。

 ここで注意ですが、このアドインはエクセルのセルの書式設定には対応していないということです。対応するにはセルを参照し、関数で和暦変換を行うということになります。


関数は =EraFormat(参照セルもしくは"日付",和暦フォーマット, 元年表記)

 "日付"は"yyyy/mm/dd"で指定します。ダブルクォーテーション("")は必要です。


 和暦フォーマットは次の通りです。これもダブルクォーテーション("")は必要です。

 "ggge年m月d日"→令和e年m月d日
    "ggge/m/d"→令和e/m/d
    "ggge年"→令和e年
    "e年"→e年
 "ggge年m月d日(aaaa)"→令和e年m月d日(a曜日)


 元年表記は0またはFalseと表記した場合は「令和1年」、1またはTrueと表記した場合は「令和元年」となります。

 フォームなどで使用している場合、参照元セルに「2019/05/01」と入力し、表示セルにEraFormat関数で表示させると令和の元号表記ができます。もし、印刷物に使用する場合は参照元セルの文字の色を白色にすれば良いわけです。なお、リンク先に詳しい使用方法が記載されています。