update
 5月の定例アップデートが明日・明後日行われます。特にWindows10ユーザーは今回のアップデートは重要となりますので、必ず行うようにしてください。

 まずは、前回記事にしたWindows10で累積的な更新プログラム適用後、言語パックが壊れるという不具合の改善が行われると思います。これにより、以前の更新で問題が起こった累積的な更新プログラムの修正版も配信される予定となっております。
 また、今回のアップデートはバージョン1903を行う上での事前の更新も含まれると思います。時期更新であるWindows 10 バージョン1903のパフォーマンスをさらに向上させるために、セキュリティ以外の改良点とバグ修正も行います。

 バージョン1903に関してはすでに、Windows InsiderプログラムのRelease Previewリングの一部としてテストされています。これらの情報の収集によって問題の解決を行う修正もなされるとのことで、Microsoftではバージョンインストール時に問題が広がるのを防ぐためにこのアプローチが必要であると述べています。それによって2019年5月火曜日の更新のロールアウトには、今後のOS機能アップデートの発表に先立ち、アップデートの信頼性を高めるためのさらなる改良が含まれる可能性があります。

 Microsoftは、問題が広がるのを防ぐためにこのアプローチが必要であると述べています。
 
 ただし、今までの累積的な更新プログラムは、特にWindows 10全体でのインストールに失敗したり、その他の問題を引き起こしたりすることが多いため、これまでIT管理者とホームユーザーに同様の悩みの種となっていました。

 更新プログラムは提供されると同時に更新情報を公開されますが、過去の累積的な更新の経験からすれば、バックアップは最も確実に推奨されることとなります。これにより更新時何らかの問題が発生した場合にデバイスを復元するのに役立ちます。

 また、今回のバージョン1903のディスクの必要空き容量が32GB以上となっており、過去の更新の時よりも多く容量を使用します。不要なファイルを削除するなどを行い、容量も確保してください。