TUYU


 今年の梅雨は全国的に雨が多く、じめじめした日々が続いております。(私の住んでいる秋田県は逆に雨が非常に少なく水不足で大変なことになっています。)
 この湿気の多い季節、実はパソコンにとっては非常に環境が良くない季節なのです。
 この梅雨時期の後半、パソコンのトラブルが多発します。その多くの原因は「カビ」です。
 知らないうちにパソコンの中にカビが生えてしまっているといったトラブルが多くなります。特にノート型パソコンは要注意です。

 こんな感じでカビがマザーボードに生えてしまう場合があります。
KABI01

KABI02

 また、マザーボードだけでなく、キーボードやマウスにも

KABI03

KABI04

 それだけではない、マウスパットにも
KABI05

KABI06

 さらには液晶画面の中まで
KABI07


 こうなってしまってはもう遅い状態になります。今からでも遅くはありません。対策を打ちましょう。
 まず、湿気の多いところにはパソコンを置かないようにしましょう。特に床から近いところは要注意!床に直接置いているのはもちろんのこと、背の低いテーブルの上も要注意です。また、台所や洗面所付近も湿気の多い場所となります。注意してください。
SARCU

 第2にパソコン周りに常に「空気の流れ」をつくるようにしましょう。方法は簡単です。パソコンに扇風機やサーキュレータを直接当てて、空気の流れを作ってしまうという方法です。大きな扇風機でなくても100円ショップなどで売っている小型のものでもよいのです。空気が循環していればカビは生えにくくなります。
ZYOSITU22

 もうひとつ効果的なのは「除湿シート」を使うことです。特にノートパソコンは密閉度が高いため湿気が逃げにくくなっています。この除湿シートをノートパソコンの下に敷くだけで効果的な除湿を行うことができます。

 また、パソコンは使用しなくても1日に1回は電源を入れ、30分くらい放置しておくのも効果的です。
 パソコンを起動しておくと、内部のファンが空気の流れをつくり、カビ菌を放出してくれます。
 特にカビが生える多い原因のひとつに長い時間使っていなっかったといったものがあります。梅雨の時期は最低でも1日1回は電源を入れてください。
 このようにちょっとした工夫で大きなトラブルを防ぐことができます。今からでも遅くはありません。対策を打ちましょう。