CPU001

 最近のCPUは性能が良くなり、コア数の多いものも出てきております。しかし現在のCPUは1つのコアのビット数が32ビットになっています。なぜ最初から1コア64ビットにしないのでしょうか?なぜ1コアは32ビットなのでしょうか?




 実は昔のCPUの1コアは8ビットもあれば16ビットもありました。しかしこの低ビット数のCPUは時代とともに消えていきました。現在は1コア32ビットが主流ですが、CPUの中には64ビットや128ビットのものも存在します。
 しかしパソコンで使用されているCPUは1コアは32ビットです。これは単純に現在使用されている多くのアプリケーションが32ビット仕様で作成されているからです。そのため、CPUの1コアを64ビットにすると1コア当たりの処理に空きが出てしまうためかえって無駄になるのです。それよりだったら1コアを32ビットにし、コア数を多くすることによって並行処理が多くできるため、現在は1コア32ビット仕様でコア数を多くさせているのです。これにより、64ビット仕様のプログラムの場合は32ビットのコア2つ使用することで処理することが出来るのです。

 では1コア64ビットのCPUは登場しないのかというと、いずれはお目にかかることができます。そのタイミングは現在のOSすべてが64ビット仕様だけになり、プログラムも64ビット仕様が標準となる時です。そのころには1コア64ビット仕様のCPUのパソコンが主流となるでしょう。
 
 現在はスーパーコンピューターなどではすでに1コア64ビットのCPUを使用しています。ただし、ハード専用のCPUとなっており、パソコンのCPUの場合はさらにいろんな面で改良を加えなければなりません。その改良というのは、ハードディスクのコネクタや基盤・メモリのビット数・マザーボードのROMなど周辺機器や内部のIC等すべてです。現在使用しているすべてを64ビット規格にしなければならないということになります。かなり長い先の話になりそうです。

 現在各国ではスーパーコンピュータを開発しています。この「スーパーコンピュータ」の開発は、ただ処理能力を競い合っているだけでなく、次世代のコンピュータの規格として後にさまざまなところで私たちが使用するコンピュータなどにその技術が生かされてきます。その面からいっても、過去に「なぜ1位なんですか?2位だとダメなんですか?」といって予算を削るのは将来の技術にブレーキをかけるのと等しいことになり、「技術大国日本」の将来をダメにすると等しいことになります。
 現在今まで使用していた「京」の運用が終わり、新たな「京」の後継を開発中です。その技術は将来の私たちが使用する機器類の新しい技術の集大成ともいえます。スーパーコンピュータの開発は将来のことも考えると非常に重要なことになります。

 今回はCPUのちょっとしたお話でした。