IOBYTE

 最近またこのソフトに対するトラブルが増えているようですので再記載いたします。
 よく無料ソフトなどをインストールする場合に、信頼のないサイトからそのソフトを入手した場合、バンドルウェアとして付属されている「IObyte System Care」ですが、このソフトは危険なソフトです。間違ってもインストールしないでください。このソフトは別のソフトと似ていますので、間違える場合がありますので、注意が必要です。

この「IObyte System Care」は一見「IObit System Care」と見間違えてしまいます。「IObit System Care」はきちんとしたAdvanced SystemCareというソフトで、IObit社が開発したコンピューターの最適化と高速化を行うソフトウェアです。対する、このスペルの一文字違いの「IObyte System Care」は偽のシステムケアを行うフリをする危険なソフトです。

 ちなみに、「IObit System Care」のメイン画面は

IOBIT

それに対し、「IObyte System Care」の画面は

IOBYTE

 比べてみると全然違いますが、使用したことがない人はどちらもダーク調の画面ですので間違えてしまうかもしれません。

 このソフトは以前にも同じようなソフトで紹介した「ガンガンガン速」のように、IObyte System Careがコンピューターをスキャンすると、検出されたさまざまな問題が一覧表示されますが、修正する前にまずライセンスを購入する必要があると述べます。


gangangan
【怪しい】CMを見てガンガンガン速に騙されないで【危険】

http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/7857958.html


UNIBLUE

【絶対インストールするな】Uniblue SpeedUpMyPC 及び DriverScanner【削除方法】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/20897404.html


 このソフトの最大の問題は、検出された問題の多くがコンピューターのパフォーマンスの問題を引き起こさないことを羅列してくるということです。たとえば、検出したときにIObyte System CareがGoogle Updateに属する中程度の重大度としてレジストリエントリを検出するということです。実際にはこれらのエントリはコンピューターに問題を引き起こすことはありません。 レジストリクリーナーの問題は、レジストリのクリーニングによってパフォーマンスが向上することを示す根拠がないことです。
 これらの偽ソフトの共通点として、マルウェアが仕込まれていたり、あるいはバックドアによって他の悪意のあるソフトをダウンロードする、また、常駐ソフトで動作する反面、アプリケーションの削除を行うと、削除したように見せかけて実際には常駐したまま、中には削除したつもりでもしっかりとプログラムフォルダ以外の別の場所にしっかりとインストールしているといったことがあります。
 
 これらの偽ソフトをアンインストールした場合は、アンインストール後はウイルススキャンの他に、アドウェアのスキャン・除去も行い、しっかりと完全に削除する必要があります。

 また、重要なのは無料ソフトをインストールする場合、オプションとしてバンドルされているソフトは絶対に同時にインストールしないことです。公式ホームページ以外から入手した無料ソフトや体験ソフトのほとんどは望ましくないソフトがバンドルされているということを忘れないでください。