WindowsWhistler

 最近、幻のWindowsである「Windows Whistler」というOSを入手できることが分かりました。このOSはWindows上もっとも重要なOSで、このOSがなければ今のWindow7やWindows10がここまでこなかったといっても過言ではありません。この「Windows Whistler」とうOSは何なのでしょうか?
実はこのOS、WindowsXPの開発段階のコードネームで、2001年にリリースされました。このOSは開発段階で、当時のMicrosoft Developer Network(MSDN)の会員にダウンロードサービスと配布サービスが提供されていたOSです。
 当時リリースされたβ1は、180日間の使用期間制限版で、Windows Whistler Personal、Windows Whistler Professional、Windows Whistler Advanced Serverといったエディションがあったようです。この中の「Windows Whistler Personal」は、「Windows Millennium Edition(Windows Me)」の後継バージョンと位置付けられていました。また、「Windows Whistler Professional」はWindows 2000 Professionalをベースに開発されたものであり、当時はItanium搭載サーバを販売した際に評価用として提供されていたようです。

 このWindows WhistlerはInternet Archiveから入手でき、下記からダウンロードできます。

https://archive.org/search.php?query=subject%3A%22Windows%20Whistler%22



 Virtual PCなどにインストールすることが出来ます。開発段階のOSのためバグなどがいろいろありますが、これが後のWindowsの中で最も良いOSといわれるWindowsXPになるということを考えると、このOSは非常に重要な開発OSとなります。


Installing Windows Whistler


A Tour of Windows Whistler - Software Showcase


Windows Whistler Build 2410 OOBE


All Windows Whistler Builds End of Support Edition - Windows Supporter [REUPLOAD]


Microsoft Whistler Personal Beta 1 Build 2433 (Pre-Beta 2) In Virtual PC 2007


Microsoft Windows Whistler Beta 2 Build 2428