SETTEI01
 Windows10で修正プログラムの更新が失敗し、変更を元に戻したりした場合に何らかの原因で設定画面が開けなくなったとか、ある日突然、設定画面がでてこなくなったといったことがあります。このWindows10で設定画面が開けなくなった時の修正方法をご紹介しましょう。
00Windows10の場合、過去のWiindowsのコントロールパネルからWindows設定コンポーネントへと変化しました。このコンポーネントによって、設定リストには以前のWindowsバージョンのコントロールパネルにのみ存在していた設定よりも多くの設定が含まれています。
 Windows 10の場合、このWindows設定のコンポーネントによってユーザーが好みに応じてWindowsを構成、カスタマイズ、およびパーソナライズできる幅広い設定を行うことができます。設定アプリは、コントロールパネルよりも頻繁に使用されるようになり、操作しやすくなりました。さらに、一部の設定は、Windowsの重要な部分である設定アプリでのみ使用できます。そのため、設定アプリがないと、Windows 10オペレーティングシステムの管理、構成、カスタマイズが困難になります。
 このWidnows10ですが、一部では問題が発生しているということがあります。設定にまったくアクセスできないか、設定ウィンドウが開いた直後に閉じてしまうということです。この場合、次の方法で修正を行ってみてください。
 

1.PowerShellを使用してWindowsアプリを再登録

 PowerShellは、Microsoftのタスク自動化および構成管理フレームワークであり、コマンドラインシェルと関連するスクリプト言語で構成されています。PowerShellでは、管理タスクは通常、特定の操作を実装する特殊な.NETクラスである「コマンドレット」によって実行されます。PowerShellにアクセスするには、Windowsの[スタート]メニューアイコンを右クリックし、 「Windows PowerShell」を管理者として実行します。
 
 次のコマンドをコピーしPowerShellに貼り付けて実行します。


Get-AppXPackage | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -“$($_.InstallLocation)AppXManifest.xml”}



2.システムファイルチェッカーを実行する

 
この操作は過去にも度々出てきますが、この問題でも同様に実行します。

 スタートメニューを右クリックし、検索で「コマンドプロンプト」と入力し、「コマンドプロンプト」をクリックして、「管理者として実行」オプションを選択して、コマンドプロンプトを管理者として開きます。

SFC / scannow

とコマンドを入力し、Enterを押します。システムファイルチェッカーが起動し、スキャンの完了に時間がかかるはずです。約15分かかります。スキャンプロセスが完了するのを待ち、コンピュータを一旦再起動して設定画面が開けるか確認します。


3.DISMスキャンを実行する

 展開イメージのサービスと管理(DISM)を使用して、Windows回復環境、Windowsセットアップ、Windows PEなどのWindowsイメージを修復させます。DISMスキャンを実行するには、管理者としてコマンドプロンプトを開きます。



DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth


 上記のコマンドを入力し、Enterを押します。コンピューターを再起動し、このDISMコマンドを実行してWindows設定の問題が解決したかどうかを確認します。


4.Windowsトラブルシューティングツールを実行する


 Windows10には、さまざまなコンピューターの問題を迅速に診断して自動的に解決するように設計された多くのトラブルシューティングツールが含まれています。トラブルシューティングはすべての問題を解決することはできませんが、コンピューター、オペレーティングシステム、または接続されたデバイスで問題が発生した場合に開始するのに役立ちます。
 ここでは、Windows設定コンポーネントからではなくコントロールパネルを使用して、WindowsストアアプリとWindows Updateトラブルシューティングツールを実行する方法を示します。これらのトラブルシューティングツールを見つけるには、[検索]に「コントロールパネル」と入力してコントロールパネルに移動し、[ トラブルシューティング ]オプションをクリックします。

 次に、左側のメニューの[すべて表示 ]オプションをクリックします


 リストの最後にあるWindowsストアアプリのトラブルシューティングツールを見つけて右クリックし、[ 管理者として実行 ]を選択します。画面の指示に従いトラブルシューティングを実行後、次にWindows Updateトラブルシューティングツールを使用して同じ手順を繰り返します。Windowsストアアプリのトラブルシューティングツールのすぐ下にあります。コンピューターを再起動し、Windowsの設定が適切に機能しているかどうかを確認します。


5.復元ポイントを使用してシステムを復元する

 復元ポイントを使用してシステムを復元します。システムの復元は、すべてを保存された復元ポイントに戻しますが、最初に、復元ポイントを記録しておく必要があります。復元ポイントがコンピューターに存在しない場合、システムの復元には何も戻すことができません。復元ポイントが作成されると、この機能により、ファイルとデータ(インストールされているソフトウェアを除く)に影響を与えることなく、システムが以前の動作状態に戻ります。設定の問題が発生する前に作成されたシステムの復元ポイントがある場合は、システムの復元を実行して問題を解決できる場合があります。システムを復元するには、Windowsキー+ Rを押して「rstrui.exe」コマンドを入力し、実行ボックスを起動します。Enterキーを押して、システムの復元を起動します。

  [システムの復元]ウィンドウで、[ 次へ ]をクリックします。

 復元ポイントが作成されている場合、それらのリストが表示されます。その作成されているリストを表示するには[ 復元ポイントをさらに表示する]チェックボックスをオンにします。すると、復元ポイントがさらに表示されます。最も適切な復元ポイント(作成された時間などに応じて)を選択し、「次へ」をクリックします。Windowsの設定で問題が発生する前の復元ポイントを選択してください。
 [説明]フィールドに詳細がイベントが記載されており、そのイベントの前の状態に復元されます。

6.上記でもすべてダメな場合、最終手段 新しいアカウントを作成する

 上記の解決策のいずれも機能しない場合は、新しいアカウントを作成する必要があります。これによりWindows設定の問題がほとんど解決します。
 設定にアクセスせずに新しいアカウントを作成するには、コマンドプロンプトを使用します。
 管理者としてコマンドプロンプトを開き、


 net user username password / add


コマンドを入力します。この時、コマンド内の「username」を優先ユーザー名に、「password」を優先パスワードに置き換えて入力します。


 新しく作成されたユーザーアカウントの種類を管理者に変更する場合は、

 net localgroup Administrators username / add

 コマンドを入力します。この時、先ほど同様「username」を新しいアカウント名に置き換えます。

 これで、新しいアカウントに管理者権限が付与されます。新しいアカウントにログインし、Windows設定の問題が修正されたかどうかを確認します。
 古いアカウントから新しいアカウントにファイルとデータの移動を開始できます。転送を行ったら、コントロールパネルの[ ユーザーアカウント]オプションを使用するか、Windowsの設定の[ アカウント]アプリを使用して、古いアカウントを削除することができます。