Win10dtop

 Windows10のセットアップや修復などでISOイメージファイルを使用した場合、正規のプロダクトキーを使用しているにも関わらず、インストール時「準備完了」画面の後、次のエラーが表示される場合があります。

「セットアップでプロダクトキーを検証できませんでした」

 

 特にこのエラーは修復アップグレード、またはエディションアップグレードで起こるようです。この問題の解決方法をご紹介します。

 1.ISO構成ファイルのプロダクトキーの検証をスキップさせる方法

 インストール時にプロダクトキーの検証で引っかかってしまった場合、インストールの先に進むことができません。プロダクトキーの検証はインストール後に認証させることができますので、インストール時のプロダクトキーの検証をスキップさせましょう。


1. 7-zipなどの解凍ソフトウェアを使用して、Windows 10 ISO構成ファイルを抽出し、一旦ハードディスクなどに全部コピーをかけます。

2メモ帳を開きます。

3.次のコンテンツを新しいファイルに入力/コピーします。


[EditionID]
[Channel]
Retail
[VL]
0

 ファイルを「ei.cfg」として保存し、「すべてのファイル」で「タイプとして保存」を選択します。このファイルは必ずコピーしたISO構成ファイルの「\\sources」フォルダーに保存してください。

4.このままsetup.exeファイルを実行してインストールウィザードを起動するか、クリーンインストール用の起動可能なUSBを作成しインストールを実行します。


5.プロダクトキーの入力画面が出てきたら、一旦「後で」を選び、インストールを続行させます。

PROINP


 これによってインストール時のプロダクトキーの検証をスキップさせることが出来ます。
インストール終了後、「スタート]」  ボタンを選択し、「設定」  > 「更新とセキュリティ」 > 「ライセンス認証」 の順に選択します。
 プロダクトキーを入力し、ラインセンス認証させます。問題がなければライセンス認証済みとなります。

 
もし、何らかの原因でプロダクトキーの変更(入力)ボタンがない場合は、コマンドプロンプトを使用してプロダクトキーを入力し、ラインセンス認証することが出来ます。


 スタートメニューを右クリックし、「検索」→「cmd」と入力します。

コマンドプロンプトを管理者権限で実行させます。

 まずは念のため、一旦プロダクトキーを削除します。初めての場合はこのコマンドをスキップしてもかまいません。
 コマンドプロンプトに次のコマンドを入力します。

slmgr /upk


 次に新しいプロダクトキーをコマンドで入力します。


slmgr /ipk <プロダクトキー(xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx)>

 問題ないプロダクトキーなら正常に登録され、「プロダクトキーxxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxxを正常にインストールしました。」といった表示が出てきます。

 最後に、登録したプロダクトキーを認証させます。コマンドプロンプトに次のコマンドを入力します。

slmgr /ato


 正常に認証されれば、「製品は正常にライセンス認証されました」といった表示がでます。これできちんとライセンス認証されたことになります。

2.一時ファイルを削除する
 
Windows> Tempフォルダを空にすることで問題を解決できる場合もあります。 File Explorerを使用するか、Windows + Rキーを押して「Temp」と入力します。「アクセス権がありません」といった表示が出ることもありますが、この場合「管理者として実行」を選択すればTempフォルダの一覧が表示なります。

 Tempフォルダの一覧が出たら、 Ctrl + Aを押して、Windows Tempフォルダー内のすべてのファイルを反転表示し、[削除]をクリックします。


3.インストール時、セキュリティソフトを無効にする

 
Windows10のインストール時、セキュリティソフトの保護レべルによってプロダクトキーの検証時にセキュリティソフトが邪魔をしている場合があります。インストール時、セキュリティソフトを一旦無効にすることをお勧めします。