SAMSUNG

 今回は日本では報じられなかったニュースをご紹介します。
 2020年2月14日、アメリカの中学校でサムスン製の携帯電話が突然爆発しました。

 場所はテキサス州ヒューストンのザウッドランズシュガーランド大都市圏にある米国テキサス州の都市のケイティで「メイドクリーク中学校」で起きました。事件は2月14日件は午前11時55分頃、同校の教室の1室で突然携帯電話が爆発したとのことです。

その時のNewsの映像がこちら(KPRC-TV)




 ハリス郡消防元帥事務所によると、当時、数人の学生が古い携帯電話を分解してで遊んでいて、そのうちの学生の一人が分解したバッテリーで遊んでいて、そのバッテリーが膨らんで過熱し、煙を引き起こしてたとのことです。
 警察によるとカフェテリアにいた生徒は避難したが、キャンパスにいた生徒は避難しなかったとのことです。

 その当時の様子は「あちこちに煙が立ち込めていた。人々はテーブルの上に飛び乗り、叫び声を上げ、叫んでいました」と、7年生のスカキラ・アラムシャさんは話しており、教員が喫煙中にデバイスの上に水を注ぐ様子をKPRC2に携帯電話のビデオを送りました。

 消防署の職員は、他の数人の学生が別の地域の病院に運ばれたと言いました。全員が煙を吸ってしまい、治療を受けたとのことです。警察当局は、学生の負傷は生命にかかわるものではないと判断し、調査官は最初に学生が火傷を負ったと報告したが、後の状態でその学生は火傷を負ってなかったことが分かりました。





 警察は、彼らが電話を叩いているのは意図的だったとは思わないと言っております。

「ビデオから、彼がそれをするつもりはなかったと思います。彼が電話をなでているのを見ることができます。そのため、私は彼が爆発を起こさせるつもりはなかったと思います」と、ジンクスが言いました。事件を起こした学生は懲戒処分に直面していないとのことです。
 消防署の当局の調べによると今回の煙はバッテリーの故障によって引き起こされたと判断しております。地区当局者は、バッテリーの爆発に関するそれまでの報告は間違っていることが判明したと言いました。しかし、消防事務所からの報告によると「熱、煙と火花」のリリースがあったと言いました。
 警察は、学校のダンスは午後1時に予定されていたが、事件が起こった後にキャンセルされたそうです。
学校側は「状況で苦しんでいる学生も何人かいました。これらの学生は私たちの看護師のオフィスに連れて行かれ、煙の吸入に苦しんだ人々は私たちのEMSユニットによって輸送されました」と言っております。
 金曜日の午後4時現在、ケイティのテキサス小児病院に搬送された10人の学生のうち7人が全員退院したそうです。
 
 このように、興味本位で携帯電話を分解すると危険になる場合もあります。特に携帯電話のバッテリーは、改造を行うと大きな火災になるリスクを引き起こす原因となります。そのため、それらを分解することはやってはいけません。




 また、今回の分解した携帯電話の製造元であるサムスンは、2016年に、充電していない場合でも、一部のユニットが火災を引き起こしたバッテリーの問題があり、その後ギャラクシーノート7の携帯電話のラインナップ全体を引退することを余儀なくされました。特にサムスン製は要注意です。絶対にやらないでください。





世界が注目する可愛すぎるイヤホン【Happy Plugs】