XBOX

 Windows10の機能でいらない機能の一つに「Xboxアプリ」があります。家庭で使用していてXboxユーザーである場合は使用するかもしれませんが、Xboxを持っていない人や会社・学校関係など仕事で使う場合はこの機能を使うことはまずないと思います。しかしこの「Xboxアプリ」、Micorosftが力を入れているせいか簡単には削除できません。そこでこの「Xboxアプリ」を削除する方法をご紹介します。
まず、この「Xboxアプリ」どんな風に使用するの?という所から説明します。
 Xboxアプリケーションは、Xbox Liveアカウントを持っている場合に便利なもので、アカウントを管理できるダッシュボードが提供され、リモートコントロールやセカンドスクリーンの機能などの追加機能があります。しかし、Xbox Liveアカウントを持っていない場合は、まったく必要のなうアプリとなります。
 そこでこの邪魔なアプリを削除しましょう。Windows 10でXboxアプリをアンインストールする方法には2つの方法があります。

1.Windows PowerShellを使用する

  1. まず、「スタート」メニューをクリックします。
  2. PowerShellと入力し、結果を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
  3. 次に、PowerShellで、以下のコマンドを入力します。このコマンドにはいくつかのオプションがあります。
    ・現在のユーザーアカウントのみで削除する場合:get-appxpackage *xboxapp* 

    ・コンピューター上にあるすべてのユーザーから削除する場合:get-appxpackage -allusers *xboxapp*→ただし、新しいアカウント作成時にインストールされる

    ・新しいアカウントを作成した場合でも削除する場合:get-approvisionedpackage -online | where object {$_.packagename -like “*xboxapp*”} →承認済みオンラインパッケージから削除します。
2.「スタート」メニューからXboxアプリケーションをアンインストール

  1. 「検索の開始」にXboxと入力し、Xboxアプリケーションがリストに表示されたら、それを右クリックして「アンインストール」オプションをクリックします。
  2. 2つ目は、矢印キーでXboxアプリケーションを強調表示して、詳細を開きます。 詳細は2つのセクションに分かれています。
  3. 一般メニューで、下向きの丸いボタンでのみ「開く」が表示されます。
  4. 次に、メニューリストを使用すると、設定などのアプリケーションセクションにすばやくアクセスできます。
  5. 丸いボタンを展開すると、スタートからのピン留め、タスクバーへのピン留めなどのオプションが表示されます。アンインストールもここで行います。
3.Xboxアプリを無効にする

  1. 検索バーを開き、「サービス」と入力します。
  2. 「サービス」アイコンを右クリックし、「管理者として実行」オプションを選択します。
  3. そこにリストを下にスクロールすると、Xbox Liveオプションが表示されます。
  4. Xboxアクセサリ管理サービスをダブルクリックします。
  5. ポップアップウィンドウの「停止」ボタンをクリックします。
  6. 次に、「開始タイプ」オプションをクリックして、ドロップダウンリストから「無効」を選択し、設定します。



激安!リサイクルインク専門店≪トナプロ≫