ACCDAME

 最近はローカルエリアネットワークを使用し、メディアサーバーをセットアップしたり、プリンターやスキャナーを共有したり、複数台のコンピューター間でファイルを共有したりすることが多くなりました。原則としてコンピューターのネットワーク化は非常に簡単ですが、実際には、コンピューターを適切に動作させるのは難しい場合があります。 よくある問題は、あるコンピューターが別のコンピューター上の共有フォルダーを見ることができないことです。 Windows10は、この問題はほぼ解決されておりますが、依然として共有できないといった発生しています。その場合の修復方法をご紹介します。

 古いバージョンのWindows3.11年のWindows for Workgroups 1993まで、およびWindows 8.1まではWindowsのネットワークは悪夢とさえ言える通り、次々に問題を引き起こしていた可能性がありました。
 これらの古いオペレーティングシステムでネットワーク接続したとき、そのネットワークの環境を変更することに消極的でした。なぜなら、ネットワークが再び失敗することを結構みんなが恐れていたからです。しかし幸いなことに、Windows 10ではこのプロセスが大幅に改善され、まだ問題はありますが、ネットワーク内でのネットワーク化とリソースの共有は、以前ほど苦痛にならなくなりました。その理由はWindows 10では、ネットワークの作成プロセスが簡素化され、ネットワーク共有を設定するだけで、簡単に構築ができてしまします。
 しかしそれは理論的には行えるのですが、実際にネットワークの共有に失敗してしまうことがあります。その場合、次の方法で修復を試みてください。

1.PC上のフォルダー共有構成を確認します。

 まずは Windows 10の共有フォルダーにアクセスするために最初に行うことは、システムをチェックして、ファイル共有が使用可能かどうかを確認することです。 通常、この構成はWindowsに組み込まれているため、通常は使用可能です。
 このチェックを実行するには、次のガイドラインに従ってください。
  1. 「スタート」メニューを開き、「設定」クリックします。アプリウィンドウ10は共有フォルダーにアクセスできません
  2. 「ネットワークとインターネット」で、「ネットワーク設定の変更」の「ネットワークと共有センター」を選択します。
  3. 「アダプタ設定の変更」をクリックします。 
  4. ネットワーク接続を見つけて右クリックし、「プロバティ」を選択します。
  5. 一覧の中の「マイクロソフトネットワーク用の共有フォルダファイルとプリンタ共有」見つけ、チェックを入れます。もしない場合は「インストール」ボタンをクリックし、「マイクロソフトネットワーク用の共有フォルダファイルとプリンタ共有」をインストールします。
  6. 次に「OK」をクリックします。
  7. ウィンドウを終了して、PCを再起動します。

2.ネットワーク共有のアクセス許可の再構成

 次に共有ネットワークフォルダ、ドライブ、コンピュータまたはプリンタにアクセスするユーザーに許可を与えます。簡単にするため、Windows 10 の "Everyone" ユーザーとフォルダーを共有します。これを行うには、次の手順に従います。

 この操作は、フォルダを共有するコンピュータとユーザーが信頼され、フォルダを完全に制御できるホーム ネットワーク上でのみ行ってください。職場ネットワーク上で共有している場合や他の場所で共有する場合は、ネットワーク管理者に連絡して追加のアクセス許可を求める必要があります。

  1. 共有するフォルダ、ドライブ、またはプリンタを選択し、右クリックします。
  2. ショートカット メニューから「プロパティ」を選択します。
  3. 「プロパティ」ウィンドウで、「共有」タブに移動します。
  4. 次に、「高度な共有]ボタンをクリックします。
  5. このフォルダの共有を有効にし、フォルダまたはドライブの共有名を入力します。
  6. 次に、「アクセス権]ボタンをクリックします。
  7. 「すべて」を選択し、「フル コントロール、変更、および読み取り権限を許可する」の下のチェック ボックスをオンにします。





定額制でプリントし放題の複合機レンタルサービス【プリント革命】