KORUTA


 Windows10に機能に「コルタナ」という機能があります。この「コルタナ」使い勝手が悪く、非常に邪魔な機能です。以前のWindows10のバージョンではオンオフの切り替えが出来ていましたが、Windows 10 アニバーサリー アップデートでそのオプションが削除されてしまいました。この「コルタナ」の機能を無効にする方法をご紹介します。
マイクロソフトは何らかの理由で、Windows 10でコルタナを完全に削除することを望んでいません。
 しかし、この「コルタナ」は不評であるため、現在はWindows 10におけるコルタナの役割を制限しています。ユーザーのほとんどはこの「コルタナ」を必要としていませんが、マイクロソフトはまだコルタナの機能に執着しています。
 このコルタナの機能を無効にするにはレジストリエディッタを使用します。操作方法は次の通りです。なお、この操作はすべてのWindows10のバージョンで適用できます。


1. Windows キー + Rのキーボード ショートカットを使用して、[ファイルを実行] ダイアログ ボックスを開きます。
2. [実行]ダイアログボックスにregeditと入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを開きます。
3. ポップアップ表示される [ユーザー アカウント制御 (UAC)] ダイアログ ボタンで [はい] を選択します。
4.レジストリ エディタが開きます。レジストリ エディターのナビゲーション ウィンドウで、次のパスを切り取って貼り付けてください。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search

Windows Searchフォルダがない場合は、Windowsメインフォルダを右クリックして新しいフォルダを作成し、[新規作成] > [キー] を選択します。新しいキー (フォルダ)の名前を「Windows Search
」変更します。
左側のペインで [ Windows 検索 ] キー (フォルダ) を右クリックし、[ 新規 |DWORD (32 ビット) 値 ] を選択します。そして値に「AllowCortana」と名前を付けます。

5.Windows 検索キー (フォルダー) と AllowCortana 値が既にある場合は、[AllowCortana] をダブルクリックし、16 進数の基本値のデータが1になっていますので、 0に変更します。

6.レジストリ エディタを閉じて Windows 10 PC を再起動して、変更を有効にできます。


 また、Windows10のバージョンがWindows 10 Pro およびエンタープライズ の場合、ユーザーグループポリシーを使用してコルタナをオフにすることが出来ます。


1. Windows キー + Rのキーボード ショートカットを使用して、[ファイルを実行] ダイアログ ボックスを開きます。
2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに「gpedit.msc」と入力し、[OK] をクリックしてローカル グループ ポリシー エディターを開きます。
3.ローカル グループ ポリシー エディターが開いたら、次のパスに移動します: コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > 検索
GPPS
4.右側にある[Cortana を許可する] 設定を見つけてダブルクリックします。

5. [Cortana を許可する]設定を [無効] に設定し、[OK] を選択します。6.ローカル グループ ポリシー エディターを閉じて、変更を有効にするには、Windows 10 PC を再起動します。


 コンピューターが再起動すると、コルタナは Windows 10 PC から削除されます。Cortana 検索ボックスは、ローカルの Windows 10 PC と Web を検索するために使用できる Windows 検索ボックスに置き換えられます。