Win102004
 先週から数回にわたり、Windows 10 バージョン 2004 へのアップグレード中にエラーが起こった場合の対処方法をご紹介しています。今回はセットアップ時0x80070070 - 0x50011 0x80070070 - 0x50012 0x80070070 – 0x60000が出た場合の対処方法をご紹介します。
 セットアップ時0x80070070 - 0x50011 0x80070070 - 0x50012 0x80070070 – 0x60000が出た場合は、コンピュータに十分な空き容量がないという原因になります。
 Windows 10 バージョン 2004 をインストールするための最小ハードウェアでは、32 ビット バージョンまたは 64 ビット バージョンの 20 GB をアップグレードするために、少なくとも 16 GB の使用可能な記憶域が必要となります。そのため、16 GB以下のコンピュータに十分な空き容量がない場合は、新しいバージョンをインストールすることが出来ません。
ストレージの問題を解決するには、次の手順を使用します。
  1. [設定]を開きます。
  2. [システム] をクリックします。
  3. [ストレージ] をクリックします。
  4. [ローカル ディスク] セクションで、[一時ファイル] オプションをクリックします。
  5. 空き領域を解放する項目を選択します。

  6. コンピュータの更新に必要なファイルとして、[Windows セットアップ一時ファイル] または [Windows ESD インストール ファイル] オプションを選択する必要はありません。
  7. [ファイルの削除] ボタンをクリックします。

 手順を完了すると、バージョン 2004 のインストールを実行できるようになります。ただし、十分な容量がない状態で続行する場合は、システムが自動的に一時ストレージとして使用できる方法として少なくとも 16 GB の空き領域を備えた外部ストレージ (USB フラッシュ ドライブや外付けハード ドライブ)などを使用することも出来ます。