Win102004
 Windows 10 2004 にバージョンアップを行うと、OneDrive で接続でになくなるエラー メッセージが表示される場合があります。その場合の修正方法をご紹介します。
 これは、OneDrive フォルダー内のオンデマンドファイル (プレースホルダー) に適用されます。ただし、Microsoftが公開している内容では、古いファイル システム フィルター ドライバーを使用する、古いインストール済みアプリケーションを持つ一部の古いデバイスまたはデバイスのみが影響を受けているようです。ただし、この現象で実際にファイルは失われいるるわけではありません。そのため、これらのファイルは、ローカルフォルダにダウンロードして保存することができます。

回避策について、マイクロソフトはまだバグを調査中であります。この問題については、次以降のアップデートのいずれかの段階で修正プログラムが公開されます。

それまでの間は次の方法でこの問題を回避することができます。
  1. タスク バーの検索にプロンプトを入力し、管理者として起動します。
  2. コマンドを入力し、Enter キーを押します。
  3. HKLM\System\CurrentControlSet\Services\Cldflt\instances /f /v DefaultInstance /t REG_SZ /d "CldFlt"
  4. 今すぐ再起動します。
これで、プレースホルダがアクティブになっているかどうかを確認できます。
タスク バーの systray で OneDrive の設定を開く - [使用中にファイルを保存してファイルをダウンロードする] 設定が有効になっている場合は、[OK] と確認すると、エラー メッセージが表示されなくなります。