Win102004
 Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004) は、5 月 27 日に世界中で展開を開始しました。これによって、Windows10のユーザーはすぐにWindows 10、バージョン 2004 に自分のデバイスを更新できることを意味します。しかし、一部のユーザーにはまだ自動アップデートから更新が提供されていない場合があります。


 現在Windows 10 2004は、Windows 10バージョン1903と1909を実行しているデバイスを持つWindows Updateを介して「更新プログラムを確認」をクリックして最新のリリースを手動で探しているユーザーに段階的なロールアウトプロセスの一環として提供されています。しかし、まだ半分以上のユーザーには何らかの理由で提供されていないのが現状です。
 この理由については、2020 年 5 月の更新プログラムの展開を開始した同日、マイクロソフトは Windows 10 2004 に影響を与える 10 件の問題を公表しており、その覧がマイクロソフトの公式ページに記載されています。
 その中の一部にデバイス互換性の問題があり、 あらかじめ設計された 9 つのセーフガードホールドによってアップグレードするのを阻止するようになっています。

 この更新の保留は、アプリが正しく動作しない原因となる競合や、Windows 10 がブルー スクリーン オブ デス (BSOD) エラーのためにクラッシュする場合など、起動時に Windows に問題が発生する可能性があるために適用されており、場合によってはクラッシュにより起動不可となるため、今回このような措置をしております。これは、前回の1903の更新時に数々の問題を抱え、ユーザーに多大な迷惑をかけてしまったのが大きな原因であり、この混乱を起こさないようにマイクロソフトは慎重に更新の提供を行っております。

 6 月には、マイクロソフトは、影響を受けるドライバーまたはファームウェアを含むデバイスが 2020 年 5 月の更新プログラムを提供できなくなる互換性の問題のため、Windows 10 2004 へのアップグレードがブロックされている場合、Windows Update を使用してユーザーに通知を開始しております。 

KOUSINTUUTI


 現在の提供されるのをブロックする 8 つの更新ブロックリストが載っています。ただし、マイクロソフトはまだ正式に確認していないので、Surface の互換性の保留はリストされていません。
 そのリストは次の通りです。

• Nvidia ディスプレイ アダプター (GPU) 用の古いドライバに関する問題


 マイクロソフトでは、これらの問題が解決されるまで、デバイスを使用できなくなる可能性があるため、問題が発生しないように、メディア作成ツールを使って[今すぐ更新] ボタンを使用して手動で更新することをお勧めしていません。これらの問題が解決されるまで待ちましょう。