W10STMENU

 Windows10や8.1の場合、不満の一つに「スタートメニュー」の使いずらさがあります。特にWindows10の場合はスタートメニュー内のアプリケーションの一覧がアルファベット順になっていますが、アルファベットの最後の部分のアプリを開くときは超イライラ物です。
 そこで、Windows7のようなスタートメニューにしてしまいましょう。

CLAMENU

 Winodws7風のスタートメニューにするソフトはいくつかありますが、その中でも「Classic Shell」というソフトが超便利でおすすめです。常駐ソフトのため、メモリなどの「重たさ」が気になるところですが、とても軽いソフトで、しかも私自身が今まで使ってきましたが、不具合はなく快適に動作します。

「Classic Shell」の入手先は下記のリンクからダウンロードできます。




このページの中の「Download Now!」をクリックしてください。
Classicshell

 ダウンロードが終わったらクリックし、インストールします。同梱ソフトなどはありませんので、そのままナビゲーションに従ってインストールを行ってください。
 インストールが完了すると、設定画面が表示されます。スタートメニューのWindows7風のデザインが3種類ありますので、好みのものを選んでください。
classicshelMENU

 また、スタートボタンの画像も変えることができます。「Replace Start button」のチェックが外れている場合は現在のWindows10のスタートボタンのデザインになります。チェックを入れると、その舌にあるデザインを選ぶことができます。
KOJINIRO

 なお、スタートメニューの色は「青」となっていますが、この色も変えることができます。変更する場合はデスクトップ上で右クリックし、「個人用設定」をクリックします。設定の中の「色」を選択しメニューの好みの色を選択します。あとは、「閉じる」ボタンで閉じましょう。 


 このソフトの良いところはWindows7風のスタートメニューを使いながらWindows10のスタートメニューも表示させることができます。スタートメニューの一番上の「スタートメニュー(Windows)」をクリックすると、Windows10のスタートメニューが表示されます。また、今まで探しにくかった「コントロールパネル」もスタートメニューからクリックすることができます。

 スタートメニューを右クリックした場合は通常のWindows10の右クリックの項目が出てきますので、設定などや検索を行う場合に
支障をきたすことがありません。
classicshellcont

 また、Windows7風のスタートメニュー内の細かい設定も行うことができ、設定で電源のところに「シャットダウン」を表示させることによって、ワンクリックで「シャットダウン」させることができます。


 このように、ちょっとした変更で使いにくかった部分が改善されることができると、仕事や趣味などの効率が捗ると思います。ぜひ優秀なソフトですので導入してみてください。