MSOFFICE
 エクセルやアクセスなどでOffice2007や2010のバージョンを使用しているユーザーは現在でも多数いると思います。すでにOffice2007製品のサポートは終了したものの、Office製品が高価であるのと同時に、バージョンアップを行わなくても仕事などに使用していても別に問題ないためそのまま使っている人がほどんどでしょう。このOffice2007・2010製品でWindows10環境の場合、範囲を指定してコピー・ペーストを行おうとすると、一部の環境ではエラーが出る場合があります。その場合の解決方法をご紹介します。


RISOSEHUSOKU

 このエラーはコピーを行おうとすると「リソース不足のため、このタスクを完了することができません。選択するデータを少なくするか、ほかのアプリケーションを終了して再度試してください。元に戻さずに続けますか?」といったメッセージが毎回出てくるといったエラーです。
 このエラーをGoogleなどで検索すると、「余計なアプリケーションを終了させる」とか「メモリを増やす」といった検索結果が出てきます。しかし現在のWindows10が使用できるパソコンの場合、ある程度のメモリは搭載されており、メモリ不足は考えられないと思います。また、余計なアプリケーションを終了させるといった解決方法は、もし余計な重たいアプリケーションが動いていた場合、エクセルだけでなく他のアプリケーションの動作にも影響するはずです。そのため、このエラーに遭遇して解決できていない人も多いのではなおかと思います。
CLIPP

 実は、このエラーの解決方法は「クリップボード」にあります。結論から言いますとクリップボードの履歴の機能をOFFにするだけで解決できます。

 Windows10の場合、以前のバージョンのWindowsとは違い「クリップボードの履歴」という機能が搭載されました。以前のWindowsはクリップボードには履歴機能がなく、新しいものが上書きされていました。しかしWindows10からは以前に使用したクリップボードのデータも履歴として残っており、そのデータを使用することができます。

 Office2007・2010の場合、この「クリップボードの履歴」という機能を考慮して作られていない理由かどうか分かりませんが、このクリップボードの履歴をONに使用している場合、リソース不足のエラーが出てしまいます。
 クリップボードの履歴の機能をOFFにするには「設定」から「システム」を選択、メニューの「クリップボード」を選択すると、「クリップボードの履歴」がありますのでこれをOFFにするとこのエラーが出なくなります。