SPAM

 メールは現在かかせない情報手段の一つであります。特に緊急を要するものに関しては、現在はメールでの一斉配信が効果的とされています。
 しかし、緊急メールに関してあまりにも度合いが過ぎるとSPAMメールになってしまうこともあり、緊急ではなくなる場合もあります。
 今回、韓国で面白い事案が起こっているようです。
以下株式会社レコードチャイナからの引用記事となります。


2020年10月30日、韓国メディア・韓国経済によると、韓国政府が送る大量の緊急速報メールに国民から不満の声が上がっている。

記事によると、韓国では今年に入り、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で緊急速報メールが急増した。韓国行政安全部と国民災難安全ポータルの統計を分析した結果、今年1月から先月にかけて中央省庁と地方自治体から送られた災害メールは計3万4679件に達している。1日の平均は126件に上り、これは新型コロナ流行前の今年1月の1カ月分の134件に匹敵する。先月2日には1日に781件も送付されたという。

特に、新型コロナ関連の緊急速報メールは時間帯を問わず送信されている。先月3日は計395件のうち51件が午前零時から午前6時の間に送られたという。

睡眠中、運転中、会議中、図書館での勉強中など時を選ばず同じような内容のメールが送られてくるため、国民からは「緊急速報メールの意味が色あせている」との指摘が出ているという。

ネット上にも「あまりにもうるさいからアラームを切った」など不満を吐露するスレッドが掲載され、韓国の国民参加ポータル「国民申聞鼓」の掲示板にも苦情が100件以上殺到している。ただ、一部からは「むしろありがたい。ここまでしてくれる国はないだろう」「もはや緊急速報メールが日常になって、感謝すら感じてる。おかげで(感染危険のある)場所を避けられる」と感謝の声も上がっている。(翻訳・編集/松村)


 といことで緊急速報メールがもはやSPAMメールとなっているようで、いつでもどこでも緊急メール、トイレに入っていても緊急メール、デートしていても緊急メール、食事をしていても緊急メールというようにすでに、「生活の一部」となっています。さすが韓国!情報の速さは日本よりも早くすんばらしい~~~~。政府は徹底したコロナ対策を心がけており、自称世界に誇るK防疫!ここまで徹底しないとだめなのですね!さすが文大統領!国民第一に考えておらっしゃる。国民の支持が高い理由の一つなのですね。
munmun

 日本の場合はここまでメールされると苦情の嵐になりますが、韓国国民は我慢強い。ありがたいという意見までありますね。そのありがたいという心をなぜ他の国に対してもそういう心になってくれないのでしょうか。やはり韓国は世界一と自画自賛していており、他の国にはたえず上から目線で強さを見せつけるという心ですからね。
 えっ!もしかしてメールが目覚まし代わりになるため便利?目覚まし時計がいらなくなる?自称技術立国IT最先端の国のやることは他では真似できません。
KBOUEKI


 というわけで、緊急メールがこれほど大量に送りつけられていた場合、本当の災害が起こった時の緊急メールはどうするんでしょう。慣れてしまっているので緊急行動を起こさなくなるのではと思いますが、日本を見下している韓国なので日本とは違いしっかりした行動を取っていると自賛している国ですので、被害者はでないのが当然なのでしょう。」

 日本はまだまだ国民が韓国みたく完璧な国ではないのですので、別の方法で新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ情報手段を使っています。自称完璧なK防疫を世界に輸出しようとする国は、やはり政府が行うことは日本とはレベルが違うみたいです。

 まあ、他の国のことですから、さらっっっつと流して、日本国民は日本なりの防疫を行ってコロナ収束できるよう、一人ひとり気を付けながらみなさんかんばっていきましょう。日本では一人ひとりの普段の行動を気を付けることがコロナ収束できる唯一の方法かもしれません。がんばりましょう。