PRERR
 先月から今月にかけて、急にWindowsのプリンタがオフラインのままで、使用できなくなったといった問題が発生しており、その原因がMalwarebytesを使用してる場合に発生していることが分かりました。
MalwarebytesIMG
 Malwarebytesはランサムウェアやマルウェアから防御してくれるセキュリティソフトで、多くの企業などで導入されているソフトです。今回問題が発生しているのはMalwarebytesのコンシューマーおよびビジネスユーザーとなります。


 問題の発生は、10月20日頃から起こっており、MalwarebytesのアップデートによってWindowsネットワークプリンタがセキュリティソフトウェアによってブロックされるようになります。そのため、ネットワークプリンターのプロバティがオフラインと表示されます。

 この問題を解決するには、現時点で以下の方法で解決できます。


1.印刷時にMalwarebytesを一旦終了する
2.プリンタのポートのSNMPを無効にする
3.Malwarebytes Web Protectionを無効にする

 これらの解決方法の中で、1と3はコンピュータのセキュリティを低下となりますので、注意が必要になります。

 今回、この問題を解決するために、コンシューマー向けにベータ版の修正版をリリースしております。コンシューマ版の Malwarebytes では、ベータ版 4.2.3.96、コンポーネントパッケージ 1.0.1112 で修正のテストが行われています。


 ベータ版をインストールするには、以下のようにMalwarebytesの設定 >General(全般)に進み、「ベータ版の更新」の設定を有効にすることによって、ベータ版を使用すことが出来ます。この設定を有効にしたら、もう一度手動で新しいアップデートをチェックしてください。最新バージョンとそのコンポーネントパッケージをインストールすることができます。

 ただし、今回修正版が出ているのはコンシューマ向けの製品であり、ビジネスユーザーには残念ながら修正版は出ていません。もう少し待つ必要があります。Malwarebytesは、近日中にビジネスユーザー向けに利用できるようするとのことです。

 ビジネスユーザーの場合、SNMPを使用してプリンタを管理していない場合や、SNMPを一時的に使用できない場合は、次の手順でWindowsプリンタのSNMPを無効にすることができます。
TCPMON

[スタート]ボタンをクリックし、[設定] > [デバイス] > [プリンタとスキャナ]を選択します。
プリンタを選択して、[管理]ボタンをクリックします。
[プリンタのプロパティ]を選択し、[ポート]タブをクリックします。
ポートの構成ボタンをクリックします。
[SNMPステータスを有効にする]チェックボックスのチェックを外します。

SNMPを無効にすることによって、プリンタはオンライン状態になります。