OLDWIN

 現在、Windows10 バージョン1803のサポートが一部終了となり、新バージョンへアップデートを行っている人もいると思います。
しかし、一部でバージョンアップデート後、ディスクのクリーンアップでWindows.oldを削除しても削除できないといったトラブル?が発生しています。この原因は次のことが原因となります。
FPLAY

 Windows.oldのフォルダが削除できない理由はAdobe Flash Playerのクリーンアップによって削除されなくなります。
現在、Adobe Flash Playerはサポートの終了が近づいており、MicrosoftはKB4577586でAdobe Flash Playerをシステムから削除するツールを提供しています。このツールを使用して削除を行った場合、Windows.oldのファイルが削除されない現象が発生します。
 KB4577586を使用した場合、Adobe Flash Playerのアップデートは削除されていないようです。実際には、一時ファイルとして、まだ使用されているので削除されないということになります。

 この問題を解決するには残っているAdobe Flash Playerを削除する必要があります。その方法は次の通りです。

 スタートボタンを右クリックし、「検索」>「コントロールパネル」と入力します。「コントロールパネル」から「プログラムと機能」→「インストールされた更新プログラムを表示」を選択します。ここで重要なのは必ず「コントロールパネル」からの作業で行ってください。
「設定」から「アプリ」を選んでもダメです。
 ここでAdobe Flash Playerのセキュリティアップデートをチェックし、これらをアンインストールする必要があります。
 
 すべて削除したらもう一度ディスクのクリーンアップを実行すると正常に削除されます。