0x2009img

 デバイスに Windows 10 更新プログラムをインストールしている最中にエラー 0X80073BC3 または 0X80073B92-0X20009が表示され、更新が失敗することがあります。この場合の修正方法をご紹介します。


 このエラーの原因はWindows Defenderによるエラーで、コンピュータで複数のシステムデバイスが存在する場合にこのエラーが発生します。通常、Windows Defenderは、パーティション解析または検証中にシステムが複数のパーティションに存在するのを検出した場合にエラーが表示されます。この場合、次のようなエラーメッセージが表示されます。


The requested system device cannot be found, there is a sharing violation, or multiple devices are matching the identification criteria.
(要求されたシステムデバイスが見つからない、共有違反がある、または複数のデバイスが識別基準に一致している。)



 古いシステムドライブをそのままにして新しいシステムドライブをインストールすると、このようなエラーが発生することがあります。そのため、新しいパーティションでシステムドライブをインストールしようとする場合、もしくはインストールした場合、Microsoft Defenderでエラーが発生しないように、古いデバイスを取り外す必要があります。

 1. 古いデバイスを取り外す

 Windows Defender でトラブルに巻き込まれないようにする最善の方法は、古いデバイスのパーティーションを物理的に削除することです。以前のシステムデバイスを削除できない場合は、次に説明する方法で回避してください。

2. 以前のシステム ドライブを一旦取り外します。

 一時的に削除できない場合は、BIOSやUEFIの設定画面で古いシステムデバイスを簡単に無効にすることができます。BIOSまたはUEFIモードで古いデバイスを無効にすると、競合するデバイスが使用されなくなったため、Microsoft Defender を使用してもエラーは発生しません。

3. 古いシステムデバイスを削除する
 セカンダリデバイスを切断しても0X80073BC3または0X80073B92-0X20009のエラーが表示される場合は、古いデバイスを削除することをお勧めします。この方法は削除すると古いデバイスのデータが削除されます。これを行うには、ディスクパーティションを使用します。

 1.WinKey + Sを押して検索ウィンドウを起動します。
 2.ディスク管理」と入力して、ハードディスクパーティションの作成とフォーマットをダブルクリックします。
 3.古いシステムドライブを右クリックして、フォーマットオプションを選択します。
 4.コンピュータがデバイス上のすべてのコンテンツを削除するのを待ちます。
 5.終わったら、もう一度右クリックをして、新しいドライブを作成します(システムのものではありません)。

この方法に従うと、セカンダリデバイス上の不必要に占有されたストレージスペースが解放されます。最後に、次回ログオン時から変更を有効にするために、必ずコンピュータを再起動してください。