DLL
 ゲームやプログラムを実行すると、DLL ファイルがコンピュータに存在しないために、プログラムの実行に失敗する場合があります。ほとんどの場合、存在していないDLL ファイルを登録すると、このエラーを修正できます。また、何らかの原因でDLLが破損している場合、ライブラリの再登録、つまり現在の登録をキャンセルして再登録する必要があります。今回、DLL ライブラリ (x32-64 ビット) を登録する方法をご紹介します。
Windows 10/8.1/7 で DLL ライブラリと ActiveX (OCX) 登録を登録およびキャンセルするコマンド ラインRegsvr32ツールがあります。今回はこれを使用します。DLLライブラリのキャンセルと再登録DLL ライブラリへのパスは、コマンドラインで手動で書き込むことができます。これを行うには、次の方法で行います。

  1.  元のDLLファイルをShiftを押しながら、マウスを右クリックします。
  2. 「パスのコピー」を選択します。
  3.  スタートメニューを右クリック→「検索」→「コマンド」と入力し、コマンドプロンプトを管理者権限で実行します。
  4.  下記のコマンドを入力します。

     DLL ライブラリの登録

     DLL ライブラリを Windows に登録します。

     regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\(DLLファイル名).dll
    (regsvr32 以降はマウスを右クリックし、先ほどコピーしたパスを貼り付けします。)

     DLL ファイル登録の取り消し

     現在の DLL ファイルの登録をキャンセルします。

     regsvr32 /u C:\Windows\SysWOW64\(DLLファイル名).dll
    (regsvr32 以降はマウスを右クリックし、先ほどコピーしたパスを貼り付けします。)

     すべての dll ファイルを再登録する

     Windows システム内のすべての dll ファイルを登録するには下記のコマンドを入力します。

     for %1 in (*.dll) do regsvr32 /s %1

     64 ビット OS での 32 ビット DLL の登録

     64 ビット バージョンの Windows で 32 ビット DLL ライブラリを登録するときにエラー メッセージが表示される場合は、下記の方法で行ってください。

     32 ビット DLL が System32 フォルダにある場合は、それを SysWoW64 フォルダに移動し、以下のコマンドを入力します。

     %systemroot%\SysWoW64\regsvr32 (DLLファイル名).dll

    または

     %systemroot%\SysWoW64\regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\(DLLファイル名).dll

64 ビット バージョンの Windows オペレーティング システムではRegsv32.exeファイルは2つのバージョンがあります。

64 ビット バージョンは %systemroot%\System32\regsvr32.exe
32 ビットバージョンは%systemroot%\sysWoW64\regsvr32.exe。

64 ビット版の Windows では、32 ビット DLL ファイルは常に Windows\SysWOW64 フォルダにあります。DLL ライブラリは Windows\System32 フォルダーにあります。


32 ビット版の Windows では、DLL ファイルは Windows\System32 フォルダ内にしかありません。SysWOW64 フォルダはありません。

DllRegisterServerなどのバグが表示された場合、モジュールは Windows のバージョンと互換性がないか、エントリ ポイントが見つからない場合は、次のことが考えられます。

  • すべての DLL ライブラリが Windows に登録するように設計されているわけではありません。
  • サードパーティのサイトからライブラリをダウンロードした場合、ライブラリではなく、おそらく何らかのウイルスである可能性があります。
  • 既にDLLに登録されている場合があります。
上記の場合修正する方法は次がヒントになるかもしれません。

  1. d3dx9_43.dll、MSVCR71.dll、VCRUNTIME140.dllなどの多くのDLLライブラリは、DirectX、NET Framework、Visual C'などのサードパーティ製コンポーネントに含まれています。インターネット上で、ファイル自体を参照することも出来ます。
  2. 登録を一旦解除し、DLL ファイルを再登録します。
  3. DLL 登録中にアカウント制御(UAC) をオフにします。