WIFI
 WindowsユーザーはWiFiに関連する多くの問題を報告していますが、この問題の中にWiFiをオンにするとシステムがクラッシュしてしまうといった報告が多くあります。このほとんどがWindows8からアップグレードしたユーザーで起きているようです。この場合の修正方法をご紹介します。
このWiFiをオンにするとパソコンがクラッシュする報告の中に、windows 8でBluetoothとWiFiの両方を使用することはできなく最新ドライバもインストールしていてもWiFiがクラッシュするという事例や、Windows8のノートパソコンでWifi機能がクラッシュし、DPC_WATCHDOG_VIOLATIONを検索して再起動するといった報告もあります。


 Windows 8、Windows 10でWiFiをクラッシュさせる可能性を見つけ、修正する方法となります。

まず第一に、ドライバをダウンロードする前に、ネットワークを使ってノートパソコンをセーフモードでテストすることをお勧めします。
 ネットワーキングでセーフモードになったら、いくつかのWebサイトを参照して問題が出るかどうか確認してください。
 セーフモードの状態で問題が発生する場合は無線ドライバをダウンロードしてデスクトップに保存します。
 次に、Windowsから現在のドライバをアンインストールし、再起動して、今ダウンロードしたドライバをインストールします。

 ネットワークのセーフモードでシステムに問題がなければ、ワイヤレス接続を妨げている何らかのタプログラムがバックグラウンドで実行されている可能性があります。 システムがマルウェアに感染しているかどうかを確認し、ウイルス対策ソフトウェア、マルウェア、ファイアウォールソフトウェアを確認し、それらがワイヤレスの問題を引き起こしていないことを確認します。

  以下の手順に従って、ワイヤレスドライバを一旦アンインストールして再インストールします。

  1. 「デスクトップ」画面で「Windows」キー+ Rを押します。
  2. 実行ボックスに「devmgmt.msc」と入力して、Enterキーを押します。
  3. 「ネットワークアダプタ」の横にある>署名をクリックします。
  4. 無線カードオプションを右クリックし、「アンインストール」をクリックします
それでもうまくいかない場合は、ワイヤレスカードの設定を次のように変更してみてください。

  1. デバイスマネージャを開く
  2. [ネットワークアダプタ]を展開し、ワイヤレスカードを右クリックして[プロパティ]を選択します。
  3. 詳細設定タブをクリックします
  4. 「ローカルで管理されているMACアドレス」の値を「1234567890AB」に変更します。
  5. 電源管理タブをクリックします
  6. [コンピュータがこのデバイスの電源を切るのを許可する]のチェックを外します
  7. 変更を適用して保存します。
 Windows 10ユーザーでWifiを使用していてランダムクラッシュする場合、次の方法で修正を試みてください。

  • セーフモードに入り、修正を検索する
  • Anniversary Update ISOファイルをダウンロードして、もう一度アップグレードしてください。
  • .NET Framework 3.5およびC ++再頒布可能パッケージをインストールする
  • sfc / scannowチェックを実行する
  • BIOSからのセキュアブートを無効にする
  • デフォルトの保存場所をCパーティションに設定する
 また、問題がレノボのノートパソコンの場合はメーカーサイトでの公式の解決策を行ってください。