MAcOS
 世界のOSのシェアはWindowsが一位を占めていますが、なぜかMacを使用していると意識高い系と勘違いしている人がいます。特にスタバではMacでドヤ顔をキメる「ドヤラー」がいるのも事実です。世界でのスタバではマックブックを使用している人はほとんどいません。このマックブックをスタバで使用している光景は日本だけと言われています。それでもWindowsユーザーはなぜかマックブックを使用している意識高い系には見た目で負けているのが現実です。そこで、こんなときのために、 WindowsをMacのように見せる方法をご紹介します。これであなたもスタバで「ドヤラー」の仲間入りです。
WindowsをMacのように見せる方法はmacOS SkinPack Collectionsというソフトを使います。 
このソフトはデスクトップはMacのように見えますが、オペレーティングシステムはWindows 8.1、10でも機能します。また、Windows 10、Windows 8.1のすべての機能にアクセスすることもできます。わずか10分で見た目をMacにすることが出来ます。

下記のリンクからで、indows 10、Windows 8.1システム用に特別に作られたMacスキンパックをダウンロードします。

https://skinpacks.com/macos-skinpack-collections/

注意: Macオペレーティングシステム用のスキンパックをダウンロードする前に、Windows 10、Windows 8.1のバージョンを確認してください。 お使いのWindows 10、Windows 8.1システム、および32ビットシステムまたは64ビットシステム用のパックと互換性のあるパックを必ず探してください。

注2:インストール前にシステムの復元ポイントを必ず作成してください。 インストール中に問題が発生した場合やアンインストールできない場合に備えておくことが必要です。

Windows 10、Windows 8.1でシステムの復元を作成するには、[Windows]ボタンと[X]ボタンを押したまま、[システム]のメニューから左クリックします。

設定画面でウィンドウの左側の「システム保護」をクリックし、「システムのプロパティ」とウィンドウで、中よりちょっと下の[作成]ボタンを左クリックし、作成する復元セッションに名前を付けます。
そしてシステムの復元に進みます。
作成が終了したらスキンパックをインストールします。インストールが完了したら、Windows 10、Windows 8.1 PCを再起動する必要があります。
注:Windows 10、Windows 8.1 PCの再起動後に問題が発生した場合は、「セーフモード」ブートを実行して問題の原因となっている機能を無効にすることができます。

同様のソフトにMac OS Transformation Packというのもあります。これはSoftpediaからMac OS変換パックをダウンロードしてインストールすることもできます。

https://www.softpedia.com/get/System/OS-Enhancements/Snow-Transformation-Pack.shtml

 このパックは、Macのテーマ・壁紙などをインストールすることができます。