HAck01
 最近情報流出の事件が多くなり、特に大手のサービスからの流出が相次いでいます。この流出した情報は「ダークウェブ」と呼ばれる、いわば闇のネットワークで情報が売買されており、知らない間に被害に遭ってしまうケースがあります。そこで、自分の情報が流出されているかどうか調べる方法をご紹介します。ただし、今回は有料サービスとなりますのでぜひご検討ください。
DarkWeb
 まずは、情報流出の前にインターネットの仕組みをご紹介します。現在、私たちが普段アクセスしているWebサイトは「表層ウェブ」といわれております。一見この「表層ウェブ」、大きなインターネット網と思われますが、実はインターネット空間全体のわずか4%ほどしかありません。

 それ以外の96%は、実は一般に公開されていない「ディープウェブ(深層ウェブ)」になります。
 このディープウェブは、直接アクセスできない会員制サイトや大学などで使用する学術データベース網、その他、一般に公開されない情報を扱うインターネット網(軍事網など)といった「表層ウェブ」からのアクセスが壁によって守られている、いわばクローズドなネットワークになります。そのため、Googleなどの通常の検索サイトからの検索ではアクセスできない、Webサイトが多数あります。

 「ダークウェブ」はこの「ディープウェブ(深層ウェブ)」の一部分であり、いわば、「ディープウェブ(深層ウェブ)」の一番「底」のウェブ網となります。

 この、「ダークウェブ」のアクセスは「匿名性」を使用しており、アクセスにはダークウェブ専用のソフトを使う必要があります。また、ダークウェブは「Friend-to-friend」と呼ばれるネットワークで分散・暗号化方法をとっており、これにより利用者の発信元(IPアドレス)が秘匿されてしまいます。
 この匿名性により、ダークウェブでは犯罪になる情報の取引が行われております。例えば、個人のクレジットカード番号、銃の売買、また、児童ポルノの情報(映像や写真)、殺人依頼、コンピュータウィルスの開発情報、犯罪になるブラックマーケット(商品売買)など通常では考えれられない情報が飛び交っています。

 このことから、個人情報が流出した場合、通常の検索ではヒットしないので、流出していないように見えても、あとから高額請求や、見に覚えのないところからの請求などで情報が流出していたことが分かります。この情報が流出したことが分かった時点ではすでに手遅れで、流出した情報はいろいろなダークな所で使われてしまっていることになります。

NortonID
 
 今回ご紹介するのは「ノートンIDアドバイザー」というサービスです。このサービスはセキュリティでおなじみのノートンが運営しているサービスで、登録した情報がダークウェブ上で情報が流出していないか監視します。もし情報の流出を検知した場合、メールやアプリで通知を行い、また情報の不正利用の被害に遭った際は、復旧のサポートも行ってくれます。
 このサポート体制はとても充実しており、流出した情報と流出元のWebサイトを確認できるほか、ノートンの担当者が流出した場合やどういったアクションを起こせばよいかなどの対処法をアドバイスするほか、必要に応じて銀行やクレジットカード会社などへの連絡を三者通話でサポートしてくれます。
 この「ノートンIDアドバイザー」で監視できる情報は、メールアドレス・住所が5件まで、電話番号は携帯番号含めて5件まで、クレジットカード情報と銀行口座は各10件まで、保険証番号が5件、運転免許証は1件、ゲームにおけるゲーマータ(名前/表示名)は10件まで登録できます。  

 対応OSはWindows、Mac、iOS、Androidとなっています。価格は1年版で3,980円となっていますので、ぜひ検討してみてください。


リンクは下記になります。

ノートン ID アドバイザー(ダークウェブ モニタリング) (norton.com)