KINKYUU

 本日は少しパソコンなどの記事からちょっと離れた記事を送ります。
 今回、東京・大阪など緊急事態宣言が発令されました。先日の総理の記者会見をみて私なりに思ったことを記載していきます。
 今回、記者会見で記者からの質問を聞いて思ったことは、やはり「マスコミはすべてゴミ!」ということです。
 各社の質問をすべて聞きましたが、こいつら他人事のように、さぞかし政府が悪い!みたいな感じで質問していましたけれども、こいつら記者どもの中で、どうやったらもっと効果があるかとか、この緊急事態宣言を早く解除するにはどうやったら良いかといった前向きな質問をした記者は一人もいませんでした。それどころか、前回の緊急事態宣言はどうだから、今回はどうたらといったまずすべて他人事、こんな記者しかいないのかといった感じでした。 

 たしかに自粛疲れ、分かります。東京など今回緊急事態宣言を発令された以外のところも同じです。いや、全世界どの人も自粛疲れです。それでも、自分が感染しないように、みなさん気を付けているのです。
 最近のテレビ、特に地上波を見ていると、見る気になれません。毎日コロナコロナコロナ。しかもそういう所が問題点なのか、どういった方法で感染を防ぐことができるのか、この自粛状態で少しでも快適な生活を送るにはどういったことがあるのかといった前向きな報道をするテレビ局は一つもありません。それどころか、政府の批判。

 見ている方は、こいつら政府をいくら批判しも肝心なコロナは収束ならないのに、何をやっているのと言いたくなります。こんなテレビ局にスポンサーを付けている企業も企業。普通に考えたらスポンサーを降りた方が良いのでは?と思います。

 あと、無能な野党をさぞかし話題に挙げて、このコロナで大変な中、現在の政局を無駄に混乱させようとしているところもあります。野党・特に立憲民主党。重箱の隅をつつくように人の上げ足をとることばかりの批判。それを面白可笑しく伝えるテレビ局。普通では、現在こんな状況でこんな批判はおかしいのでは?といった報道をするところは一つもありません。

 あと、立憲民主党、与党の批判をしていないで、コロナを収束するために何か行動を起こしたら?と言いたくなります。幹事長・地元で演説する前に、何かコロナ対策に協力するような行動を起こさないの?医療がひっ迫している現在、野党代表からも、医療関係に協力を要請する行動をとったの?立憲民主党議員、コロナ対策で支援するために、何か大きな対案を政府に出したの?街頭に立って密を避けてくださいといったことを言ったの?何もしてないでしょう。それこそ税金泥棒。野党議員の給料すべてコロナ対策に回した方がよっぽど為になるのでは?

 現在、テレビ局・特に地上波のテレビ局(NHKを含め)きちんとした報道をするところは一つもありません。視聴率が下がるのは当たり前。スポンサー離れ当たり前。それでも根本的に内容を改革しない。各テレビ局・潰れていいと思います。テレビ局は放送法というもので縛られていると言われていますが、逆に放送法のおかげで守られているのが多いのが現状です。放送法では中立的な立場で放送しなければならない。どこもやっていません。この放送法を冒しても放送できているのです。
 現在、Youtubeなどでいろいろな動画が出ております。中にはフェイクな動画があるものの、きちんとした報道もいっぱいあります。

 テレビの視聴率が動画サイトに取られているとテレビ局はさぞかし、動画サイトのおかげで・・・・と唱えていますが、その前に地上波テレビそのものの質が悪くなったといったことを認識してもらいたいと思います。もちろん新聞も同様です。
 
 テレビでは緊急事態宣言で云々と大々的に報じていますが、最終的にはコロナを収束させるのは一人ひとりの行動です。すでに感染してしまった人もいます。私も現在は感染していませんが、どこで不意に感染してしまうかもしれません。コロナはテレビでいくら報道しても収束しないのです。少しでも注意をし、感染しないように気を付けるしかないのです。自粛疲れはあなただけではないのです。みんな自粛疲れなのです。仕方がありません。世界中どこにいってもコロナの脅威になっているのです。隠れるところがありません。もう、この状況とうまく付き合って生活するしかありません。

 もう、マスコミの報道は信じられないと思った方が良いでしょう。マスコミみたく政府を批判するのではなく、どうやったら収束できるのは一人ひとり考えなければなりません。文句をいってもコロナは収束しないということを思って、少しでも収束できるようにみなさん頑張りましょう。きっと元の生活に戻ることができます。今まで人類はいろんな流行病に遭遇してきましたが、克服しています。今回も絶対克服できると思っていきましょう。

 なお、今回の記事はあくまでも私が思っていることで、反論がある人も多いと思いますが、あくまでも一個人としての意見としてとらえてください。