chrome
 Google Chromeは世界中で最も広く使用されているウェブブラウザですが、いつも問題がないブラウザではないということです。Chromeユーザーにとって最もイライラする問題の1つは、急にブラウザが開かないか動作しないか、またはWindows環境に影響を与えてしまうといった問題が急に発生します。今回は急にグーグルクロームが開かなくなった場合の対処方法をご紹介します。
Chrome が開かない場合は、Google Chrome が動作を停止したというメッセージが表示されることがあります。これは、ブラウザのファイルが破損しているか、Chromeにインストールされている拡張機能の一部が多くの PC リソースを消費しているためである可能性があります。

このエラーを修正する方法を一つずつ試してみてください。

Google Chrome が正しく開きたくないときに最初に試すことの1つは、管理者としてブラウザを実行することです。

管理者のアクセス許可を付与することにより、保留中の更新またはインストール プロセスを Google Chrome が完了できるようになります。

リリースが成功したら、Google Chromeを通常どおり開くことができます。

Google Chrome を管理者として実行するには、次の簡単な手順に従います。
  1. まず、Google Chrome のショートカットを見つけます。デスクトップまたはタスク バーで見つけることができます。見つけたら、右クリックします。
  2. 表示されるメニューのオプションから管理者として実行を選択します。
  3. Google Chrome が正しく開いて、いくつかのウェブページに移動するまで待ちます。
  4. グーグルクロームを閉じて、PCを再起動します。再起動後、管理者権限なしでブラウザを起動できることを確認します。
Google Chrome が標準として起動しない場合は、管理者のアクセス許可を完全に有効にすることができますが、その前に次の解決策を試してます。

  1. Chrome のショートカットに戻り、右クリックします。メニューから[ファイルの場所を開く]オプションを選択します。
  2. Google Chrome のインストール パスでファイル エクスプローラを開く
  3. chrome.exeファイルを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
  4. [互換性]タブに移動し、[このプログラムを管理者として実行する] チェックボックスをオンにします。
  5. [適用] をクリックし、[OK] をクリックして変更を保存し、デスクトップに戻ります。
  6. この操作を行うと、Google Chrome を任意のショートカットから起動するたびに、管理者権限の入力を求めるメッセージが表示されます。

ブラウザを初めてインストールしてから Google Chrome を開くことができなかった場合は、パソコンで Google ソフトウェアとの互換性に問題がある可能性があります。

 これを解決する方法は、ブラウザー互換モードを有効にして、Google Chromeを起動させます。

  1. Google Chrome のショートカットを右クリックし、[プロパティ]オプションを選択します。
  2. [互換性]タブに移動し、チェック ボックスをオンにします。互換性のあるプログラムを実行します
  3. そのボックスの下のドロップダウン メニューから、オペレーティング システムを選択できます。ここで、Windows 7オプションを選択します。
  4. [適用] をクリックして変更を保存し、Google Chrome を起動します。Windows 7 モードが機能しない場合は、Windows 8 や Windows XP のような他のユーザーを試すことができます。

1:グーグルクロームをクリーンアップ
Chromeには、すべての設定をデフォルトの状態にリセットするツールがダウンロードされ、その過程でマルウェアや望ましくない問題が発生するのを防いでいましたが、現時点では、このツールは使用できなくなっています。そこで、以前のバージョンをダウンロードしてダウンロードを試みることができます。次の手順に従います。

  1. まず、下記のリンクからGoogle Chromeクリーンアップツールをダウンロードします。

    https://chrome-cleanup-tool.en.softonic.com/download

  2. ダウンロードしたら、ファイルをダブルクリックしてファイルを実行します。
  3. 管理者権限を求める場合は、[はい] をクリックしてください
  4.  ツールは、不要なマルウェアを見つけるか、バグを修正するために自動的に起動します.
  5. [削除(マルウェアが検出された場合) または[続行] をクリックします。
  6. 最後に、リセットボタンをクリックして Chrome を復元する必要があります。
  7. このツールは、すべての設定をデフォルト値にリセットするので、ホームページ、タブ、履歴などを削除します。
  8. Chrome がリセットされたら、再度開いてみてください
2: ウイルス対策とファイアウォールを無効にする
 次に試すことができることの1つとして、アンチウイルスを無効にしてから、ファイアウォールを無効にしてエラーを修正することです。

ウイルス対策をオフにする
  1. タスク バー上にある [ウイルス対策] アイコンを右クリックします。
  2. [シールドを無効にする] > [保護を一時的に無効にする](ウイルス対策に応じて)に移動します。
  3. グーグルクロームを開く(可能な場合)
ファイアウォールを無効にする

  1. キーボードショートカットを使用して[実行]ウィンドウを開く:Win+ R
  2. ボックスでコマンドをコピーし、Enterキーを押します
    control
  3. コントロール パネルで、[システムとセキュリティ] セクションに移動し、[Windows Defender ファイアウォール] をクリックします。
  4. 左側のメニューで、オプションをクリックします。Windows Defender ファイアウォールのオンとオフを切り替えます
  5. パブリック ネットワークとプライベート ネットワークの両方で、次の 2 つのオプションをチェックします。Windows Defender ファイアウォールをオフにします。
  6. 最後に、もう一度 Google Chrome を開いてみてください。
3: タスクマネージャからクロームを終了する
Web を閲覧すると、ウェブサイトや広告などの要素が原因で、ページが正しく応答しなくなり、Google Chrome がクラッシュする場合があります。この場合、タスク マネージャを使用して、Google Chrome が実行されていないかどうかを確認してエラーを修正できます。

  1. キーボードショートカットを使用してタスクマネージャを開く:コントロール+ Shift+ Esc
  2. タスクマネージャで Google Chrome プロセスを見つけて右クリックします。
  3. さまざまなオプションを含むメニューが表示されます。
  4. [タスクの終了]オプションをクリックします。
  5. これで Chrome を停止して、開いてみることができます。
4:すべての拡張機能を無効にする
拡張機能は、お使いのブラウザーの便利なアドオンです。これらの小さなプログラムは、ブラウザに機能を追加するのに役立ちますが、Google Chromeの最適なパフォーマンスに影響を与える場合があります。拡張機能を無効にするには、次の手順に従います。

  1. デスクトップに移動し、Google Chrome のショートカットを右クリックします。
  2. メニューでプロパティを選択します。
  3. [リンク先] ボックスに次の項目を後ろに追加します。
    -disable-extensions
  4. 最後に、[適用] ボタンをクリックし、受け入れる
  5. グーグルクロームをもう一度開いてみてください
5: プロキシを無効にする
 プロキシを使用してウェブを閲覧している場合は、Google Chrome の問題を解決するためにプロキシを無効にする必要があります。時々、これらのサーバーは、Google Chromeアプリをブロックします。
  1. Win+ R キーボードショートカットを押して、[実行] ウィンドウを開きます。
  2. 空白のボックスにコマンド コントロールを入力し、Enterキーを押します。
  3. [ネットワークとインターネット] セクションに移動し、インターネット オプション
  4. [インターネットのプロパティ] ウィンドウで、[接続] タブに移動します。
  5. 次に、[LAN の設定] ボタンをクリックします。
  6. 最後に、LAN にプロキシ サーバーを使用するのチェックボックスをオフにします。


6: プロフィールの詳細を削除する
Google Chrome では、ブラウザを起動するたびにインターネットからそのデータにアクセスしないように、プロフィールデータをハードディスクに保存します。Google Chrome を開いていないときに問題が発生した場合、一部のファイルがプロフィールデータに表示されないか、ウイルスや競合するプログラムによって破損している可能性があります。

どうしても起動しない場合、プロフィールデータを消去し、再ダウンロードさせてGoogle Chromeを起動して解決させます。

注: Windows の重要フォルダにアクセスするため、エラーを避けるために慎重に手順に従ってください。
まず、実行ダイアログボックスを開く必要があります、Win+ Rキーを押します。
  1. コマンドをコピーし、[OK]をクリックして実行します。
    %localappdata%
  2. ファイル エクスプローラが [ローカル データ] フォルダに表示されます。Google > Chrome > User DataEフォルダを参照します
  3. Defaultフォルダの名前をDefault.bak変更します。
  4. 次に、管理者として Google Chrome を起動する必要があります。これを行うには、上記の記事を参照してください。
  5. Google Chrome を起動すると、プロフィールデータが削除されたことがブラウザで通知され、そのデータの再ダウンロードが試みられます。
  6. このプロセスでは、ブックマーク、パスワード、または拡張機能などの他の何らかのものは削除されません。これらの手順を一見すると、プロフィールデータが表示されなくなりますが、Google Chrome は約 5 分ですべてを読み込みます。
6: クロームを更新する
Google Chrome が開かないもう 1 つの理由は、ブラウザを最新バージョンに更新する必要があることです。

Google Chrome では、ブラウザを最新の状態に保つために毎日更新プログラムがチェックされますが、[システム設定] でサービスをオフにした場合は、手動で更新する必要があります。

  1. 最新バージョンのGoogle Chromeをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたインストーラを実行し、Chrome が更新プロセスを完了するまで待ちます
  3. コンピュータを再起動するように求められますGoogle Chromeを起動し、うまくいけば、スムーズに起動します。
7: Chrome を再インストールする
上記でもダメな場合、一旦Chromeをアンインストールし、再度インストールし直します。

8: ウィンソケットをリセットする

クロムが開かないもう一つの理由はWindows ソケットの問題による場合があります。Windowsソケットは、ネットワーク サービスと、アプリケーションがインターネットにアクセスする方法を管理します。Google Chrome ではインターネットに接続するためにそのサービスが必要であり、問題が発生した場合はブラウザが開くことができません。この場合、Windowsソケットをリセットし、Chromeの問題を修正するクイックコマンドを実行します。

  1. Windows 10 では、Win+ R キーを押して [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、cmd コマンドをコピーする必要があります。
  2. 次に、コントロール + Shift+ Enter キーを押して、管理者としてコマンド プロンプトを起動します。
  3. コマンド プロンプトが表示されたら、次のコマンドをコピーして実行します。
    netsh
  4. 次に、下記のコマンドをコピーして実行します。
    winsock reset
  5. プロセスが完了すると、PC の再起動を求めるプロンプトが表示されます。