RIMOCON

 現在のデジタル家電はリモコンが不可欠であり、リモコンですべての動作を行えるようになっています。しかし、長年使用していると物にも寿命があり、壊れてしまいます。普通の家電だと壊れると動かなくなるので分かりますが、リモコンの場合、壊れているかどうか見ただけでは分かりません。そこで、リモコンが壊れているかどうか確認できる簡単な方法をご紹介します。
 リモコンが壊れているかどうか確認するには、携帯電話のカメラやデジタルカメラに送信部を近づけて、カメラ越しにボタンを押してみてください。壊れていない場合、なんと送信部が光って見えます。肉眼では送信部が光っているのが見えませんが、カメラ越しだときちんと光って見えるのです。
RIMO2

 これはデジタルカメラの特性を生かしたもので、デジタルカメラの場合、人に見えない光の波長も拾ってしまいます。拾った波長はデジタル処理されて表示されます。その特性を生かした方法になります。

 しかし、最新のiPhoneの場合、現在は可視できる波長に合わせてカメラの性能を作成していますので、この方法でも見えない場合があります。その時はフロント(自分側)のカメラを使ってください。そうすると光が見えます。

 これを使ってもし、周りに赤外線の盗聴機器などがあると疑っている場合、携帯電話のカメラ越しに探すことができます。また、センサーライトの赤外線の部分のチェックなどにも使えます。

 とても簡単なことですが、ちょっとした便利な裏技?をご紹介しました。