BATT001
 スマホの需要が高まり、それと同時にモバイルバッテリーもなくてはならない存在となっています。しかし、モバイルバッテリーの購入は通常のデジタル家電とは違い、安易に考えて価格が安いなどの理由で購入していると思います。しかし、モバイルバッテリーも長く頻繁に使うことを考えれば、購入する場合に機能などをきちんと考慮しなければなりません。今回はモバイルバッテリーを購入する場合に気を付けなければならない項目をご紹介します。
1. 容量

 これは一番最初に重要な機能です。この容量の大きさを見るにはmAh(ミリアンペア時間)で見ていきます。バッテリーのmAhが多ければ多いほど、より多くの電力を供給することができます。
 バッテリーの容量を次の3つのカテゴリに分類すると次のようになります。

小型電力バッテリー(最大7,500mAh) – 通常、スマートフォンを1回充電するのに十分な容量
中型電力バッテリー(7,500-14,999mAh) – 通常、スマートフォンを2回充電するのに十分な容量
大型電力電力バッテリー(15,000mAh以上) – 通常、スマートフォンを4回以上充電するのに十分な容量

 ここで注意しなければならないのが、容量の高いバッテリーは、かさばって重くなる傾向があります。ハンドバッグに入るサイズの3,350mAhのバッテリーは簡単持ち運びできますが、20,000mAhとなると、多くのモデルがバッグの重量が重くなり、ポケット快適に収まりません。
 また、ほとんどのバッテリーは機内持ち込み手荷物として機内に持ち込むことができますが、預け入れ荷物には持ち込まれません。非常に高容量(約27,000mAh以上のもの)は、飛行機に乗ることができず、空港で没収される可能性があります。ご搭乗前に航空会社の規則をご確認ください。

2. パススルー充電

 パススルー充電、バッテリーを充電しながらスマホなどを充電することができます。この機能は最初は便利に聞こえないかもしれませんが、使用すると驚くほどこの機能が便利だということが分かります。たとえば、旅行中にスマホとモバイルバッテリー両方でバッテリーを消耗した場合は、プラグソケットを1つ使用して充電できます。そのため、旅行などに行く場合、モバイルバッテリーを2個持ち運ぶといったことがなくなります。

3. 入出力ポート

 入力ポートはモバイルバッテリーの充電に使用され、出力ポートはそのエネルギーをデバイスに転送します。各タイプにはわずかな違いがありますが、一般的には、使用するデバイスとケーブルに合ったソケットを備えたモバイルバッテリーを購入するのが最善となります。


USB-A (出力)

 このポートは、従来の一般的なUSB ケーブル用に設計されています。USB-Aポートはノートパソコンなどから徐々に消えつつありますが、最も人気があり、汎用性の高いケーブルタイプの1つです。
 ほぼすべてのモバイルバッテリーは、少なくとも1つのUSB-A出力を備えています。

USB-C (入出力)

 これは、USBの最近の標準であり、ほとんどの新しいAndroid携帯電話で使用されています。前述の他のソケットとは異なり、USB-Cは入力ポートと出力ポートのどちらかとして使用できます。このタイプのケーブルは「電源供給」をサポートしていますUSB-C接続もリバーシブルなので、逆さまに接続する可能性はありません。

マイクロUSB(入力)

 これは、充電用のケーブルタイプで、電源バンクや古いスマートフォン、その他の小型デバイスなど、自宅の周りにすでにいくつかある可能性が高いです。USB-Cやライトニングとは異なり、マイクロUSBケーブルは正しい方法で接続する必要があります。

ライトニング(入力)
 これは、iPhone 5以来、アップルの独自のケーブルです。USB-Cのように、それはリバーシブルですので、どちらの方法でも差し込むことができます。Lightning 入力を含むモデルは、Apple ユーザーで必要なケーブルの数を最小限に抑える場合に適している可能性があります。ただし、アップルが将来のリリースでLightningケーブルから離れるかもしれないという噂が何年も流れています。



4. 電力供給

 電源供給(PD)は、モバイルバッテリーがデバイスを充電するのにかかる時間を短縮するように設計されているいくつかの高速充電技術の1つです。これは、デバイスが安全に処理できる最大量に充電するために使用されるワット数を増やすことによってこれを行います。
 これは、過熱を防ぐ特殊なチップを備えた互換性のあるUSB-Cケーブルでのみ動作します。
 この機能を使用するには、互換性のあるUSB-Cケーブルが必要です。

5. ディスプレイ

 ほとんどの
モバイルバッテリーには、同じような表示でり、4つのLEDライトを電源ボタンで起動させます。バッテリーが十分に充電されると、4つのライトがすべて点灯します。空の場合、4 つのライトはすべて消灯します。より具体的な表示が必要な場合は、一部のモデルには、モバイルバッテリーに残っているパーセンテージを正確に示す小さな画面があります。

Read more: https://www.which.co.uk/news/2021/04/5-features-to-look-out-for-when-buying-a-power-bank/ - Which?