MSSTORE

 最近、マイクロソフトストアではさまざまなアプリが増え、以前とは違い便利なものが多くあります。
通常はストアからアプリをダウンロードできますが、一部のユーザーが Microsoft Store からアプリをダウンロードしてインストールできないといった現象が発生しているようです。ストアアプリからアプリを見つけたりインストールしたりするときに問題が発生した場合は、次の回避策を試して問題を解決してみてください。
1. Windows Defender ファイアウォールを有効にする
 ストアからアプリをダウンロードまたはインストールできない場合は、Windows Defender ファイアウォールが有効になっているかどうかを確認する必要があります。以下の手順を使用して、これを行うことができます。

  1. [スタート]を右クリックし、[設定]を選択します。
  2. [Windowsセキュリティ>更新とセキュリティ]を選択します。
  3. ここで右に移動し、[ファイアウォールとネットワーク保護]オプションを選択します。
  4. 次のページで、プライベート ネットワークとパブリックネットワークプロファイルの両方を 1 つずつ開き、Windows Defender ファイアウォールのトグル ボタンをオンにします。
  5. プライベートおよびパブリックネットワークの設定が有効になっているか、またはメソッドが機能しない場合は、下に移動して次のネットワーク設定を試してください。

2. Windows ストア ライセンスを確認する
Windows ストア ライセンスが正しく同期されていない場合、ストアからアプリをダウンロードまたはインストールできない場合があります。だから、ストアアプリを開き、この問題を解決するには、以下の手順に従ってください 。
  1. マイクロソフト ストア アプリを開きます。
  2. [もっと見る (3 つのドット)] をクリックし、[設定] を選択します。
  3. [アプリの更新]セクションに移動し、[アプリ のライセンス] で [ライセンスの同期] をクリックします。
  4. コンピュータを再起動し、もう一度ダウンロードしてみてください。
3. Windows ストア アプリのトラブルシューティング ツールを実行する
 Windows ストア アプリのトラブルシューティング ツールは、Windows 関連の問題を自動的に修正するために使用される組み込みのアプリケーションです。この問題を解決するには、次の手順を使用します。ストア アプリのトラブルシューティング ツールを実行する方法は次のとおりです。

  1. スタート メニューを開き、歯車アイコン ([設定]) を選択して設定アプリを開きます。
  2. [更新とセキュリティ] カテゴリをクリックし、[トラブルシューティング] タブを選択します。
  3. 右に移動し、[その他のトラブルシューティング ツール] を選択します。
  4. 下にスクロールしてWindows ストア アプリを見つけて選択します。
  5. 次に、[トラブルシューティング ツールを実行する] をクリックし、画面の指示に従ってプロセスを完了します。
4. ストア キャッシュをリセットする
 上記の方法がどれも機能せず、Microsoft Store からアプリをインストールできない場合は、Microsoft Store のキャッシュをリセットし、問題がなくなる可能性があります。ストア アプリをリセットしても、既にダウンロードしてコンピューターにインストールされているアプリやゲームは削除されません。このサービスは、Microsoft Store のキャッシュを削除し、ライブラリを更新するだけです。続行するには、次の操作を行います。

  1. [スタート]を右クリックし、メニューリストから[ファイル名を指定して実行]を選択します。
  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに wsreset.exeと入力し、[OK] をクリックします。これにより、コマンド プロンプト ウィンドウが起動し、ストア アプリをリセットするプロセスが開始されます。手順が完了するまでに約 15 ~ 20 秒かかる場合があり、Microsoft ストア アプリが自動的に開きます。