Win10
 Windows 10の起動時にWindows 10がクラッシュしたり、Windows 10アップデート後にクリックに反応原因として、"ntoskrnl.exe" というプロセスがCPU またはシステム リソースの 99% /100% 近くを使用する現象があります。今回は、Ntoskrnl.exeの高CPU使用率に関連する問題を解決す方法をご紹介します。
 まず、Ntoskrnl.exeは、プロセス管理、メモリ管理、ハードウェア仮想化などの重要なサービスを扱うOSの重要な部分です。さらに、この実行可能ファイルには、メモリ マネージャ、キャッシュ マネージャ、エグゼクティブ、セキュリティ リファレンス モニタ、カーネル、およびタスク スケジューラが含まれます。
 Ntoskrnl.exeのCPUが高くなる原因として、更新中のバグ、マルウェアウイルス、古くて互換性のないドライバやアプリケーション、破損したシステムファイル、バックグラウンドでブロックされたWindowsサービスなど、さまざまな理由があります。

 まず第一に:優れたウイルス対策をインストールし、完全なシステムスキャンを実行し、Windows 10のNtoskrnl.exe問題がウイルス/マルウェアによって引き起こされないことを確認します。

1.ランタイム ブローカーを無効にする
  1. [設定]を開き、[システム] に移動します。
  2. [システム]ウィンドウで、通知とアクションのエントリを探します。
  3. 「Windowsを使用している間に提案を取得する」エントリをオフにチェックを取ります。

2.Sysmain を無効にする (以前の 「スーパーフェッチ」)

  1. Windows + R キーの組み合わせを押して services.msc と入力し、Enterキーを押します。
  2. スーパーフェッチ サービスを見つけます。
  3. スーパーフェッチの破棄ボタンをクリックし、プロパティに移動します。
  4. [スタートアップの種類]で、[無効]を選択します。
  5. サービスを停止するには、[停止] をクリックします。
  6. 最後に、[適用] をクリックし、[OK]をクリックして変更を保存します。
  7. バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) でも同じことを行います。
値をリセットし、CPU 使用率がシステムをリセットするには、コンピューターを再起動します。

3.互換性のないプログラムがあるかどうかを確認する
 一部のユーザーは、この問題は、特定のプログラムを使用する場合にのみ発生すると主張しています。特に、ウイルス対策ソフトウェアがバックグラウンドで実行されている場合、ウイルス対策はいくつかのプログラムと競合する可能性があります。このような状況に遭遇した場合は、システムを妨害しているプログラムを見つけることができるかどうかを確認するために、より多くの注意を払うようにしてください。プログラムを見つけることができた場合は、それを再インストールするか、完全にアンインストールしてみてください。

4.Windows の起動時にプログラムを無効にする

 不要なスタートアッププログラムを無効にすることにより、Windows 10上の高いシステムリソース使用率(ntoskrnl.exe)の問題を解決するための解決策となります。


  1. 起動時にプログラムを無効にするには、タスクマネージャを開きます。
  2. 次に、[スタート] タブに移動します。
  3. PC の電源を入れると起動するプログラムの一覧が表示されます。
  4. 電源オンを開始したくないアプリケーションを右クリックし、[無効にする] をクリックします。
5.Windows 10システムパフォーマンスを調整させる

  1. [コンピュータ]アイコンを右クリックし、[プロパティ ]に移動します。
  2. [システムの詳細設定]をクリックします。
  3. 表示されるタブで、"パフォーマンス" エントリを検索し、[設定] をクリックします。
  4. [最適なパフォーマンスを得るために調整する]の項目を確認し、[適用] をクリックします。
  5. 最後に、[OK] をクリックしてコンピュータを再起動します。

6.ドライバの更新

 互換性のないドライバ (特にビデオアダプタやネットワークアダプタ) は、Windows 10 のシステム リソース使用率が高い場合やCPU 使用率が 100% になる原因となります。ドライバをチェックして更新することをお勧めします。
  1. Windows + R キーを押したまま入力し、Enterキーを押します。
  2. ビデオカードとネットワークカードを検索し、それらを右クリックし、「ドライバソフトウェアアップデート」でクリックします。
  3. 自動更新オプションを選択し、インターネットから直接ドライバをインストールします。
  4. PC を再起動します。
7.DISM および SFC ユーティリティを使用

 システム ファイルが破損すると、Windows でいくつかの問題が発生することがあります。特に最新のシステムアップデートの後、システムファイルが破損している場合、ブートエラー、システムリソースの使用率が高いなど発生する可能性があります。修復スキャンし、不足している破損したシステムを復元するシステムファイルツールを実行することをお勧めします。

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを実行します。
  2. 次に、sfc /scannowと入力し、Enter キーを押します。
  3. 見つからないシステム ファイルのスキャンが開始されます。
  4. 存在する場合、SFC は%WinDir%\System32\dllcacheにある特別なフォルダから復元します。
  5. プロセスが 100% 完了するまで待ってから、Windows を再起動します。
 SFC スキャン結果で破損したシステム ファイルが見つかったが復元できなかった場合は、システム イメージを修復し、SFC がそのジョブを実行できるようにするDISM コマンドを起動します。

8.レジストリ エディタの最適化

 Windows + R キーの組み合わせを押し、regeditと入力してEnterキーを押します。Windows レジストリを開きます。
  1. まず、ログデータベースをバックアップし、次のパスに従います。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
  2. "ClearPageFileAtShutDown"エントリをダブルクリックして、値を 1 に変更します。
  3. 次に、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\PrefetchParametersに移動します。
  4. ここで、Enable Prefetcherの値を 2 または 3 から 0 に変更します。そして、レジストリを閉じて、PCを再起動します。