Win10
 Windowsがboot.wimを見つけることが出来ないといったエラーはあまり一般的ではありません。しかし、このエラーはWindowsのバージョンアップを行う時に、ごくまれにこのエラーが出る場合があります。今回はこのエラーが出た場合の修正方法をご紹介します。
1.ウイルス対策を一時的に無効にする

 PC上でセキュリティソフトやウイルス対策アプリケーションを実行している場合、それが原因で、 Windowsがboot.wimエラーを見つけることができなくなる場合があります。この場合、アップデートのソフトウェアをダウンロードしてインストールしている間はウイルス対策を無効にすることをお勧めします。インストール後はマルウェアなどのウィルス感染を防ぐために、必ず保護を有効にするようにしてください。
 また、ウイルス対策ソフトウェアが原因でこの問題が発生している場合は、別のウイルス対策のアプリケーションに切り替えることで問題を解決できる場合があります。

2.ブータブルメディアを作成する

 新しいバージョンのWindows10へのアップグレード中にインストールのプログラムがboot.wimを見つけられない場合は、Windows 10メディアを使用してWindows 10をデバイスにインストールすることで問題を解決できます。
 この場合は、 Media Creation Toolをダウンロードしてブータブルメディアを作成し、ブータブルメディアから再度インストール作業を行う必要があります。このプロセスは作成したいインストールメディア(USBフラッシュドライブまたはDVD)によって異なります。

 ダウンロード後、実行時は画面に表示する指示に従って処理を完了させます。 ブータブルメディアを作成したら、それを使用してWindows 10の最新バージョンをインストールします。
 
3.レジストリに変更を加える

 boot.wimエラーを修正するための方法として、レジストリを変更することで修正できることがあります。 これを行うには、次の手順に従います。

キーボードのWindows + Rボタンを押します。
  1. regeditと入力してEnter キーを押します。 これによりレジストリエディタが起動します。
  2. また、 Cortanaの検索ボックスに regeditと入力し、 表示された検索結果を右クリックして、 [ 管理者として実行 ]を選択します 。
  3. [ レジストリエディタ]ウィンドウで、左側のオプションでHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionWindowsUpdateOSUpgradeを見つけます 。
  4. レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップします。上部のメニューバーの[ファイル ]をクリックして[ エクスポート ]を選択します。
  5. 表示される[レジストリファイルの書き出し]ウィンドウで、 [保存する場所]ボックスに設定を保存する場所を設定します。 また、名前を付けて[ 保存 ]をクリックします 。保存が終わったらレジストリを変更します。
  6. Name = AllowOSUpgradeを使用して新しいDWORD(32ビット)値を作成し、 Value = 0x00000001を設定します。 右側の空白部分を右クリックして[New]の上に移動し、DWORD(32ビット)値を選択、新しいDWORD値を作成します。 
  7. もう一度コントロールパネルを起動して、 Windows Updateに移動します 。
  8. [ はじめに ]ボタンが表示されます。 それをクリックしてWindows 10のインストールプロセスを起動します 。 画面に表示される指示に従います。

 フォルダまたはキー、 OSUpgradeが手順4にない場合は、作成する必要があります。その方法は次の通りです。

  1. 右側の空白部分を右クリックし新規を選択します 。 それにカーソルを合わせて表示されるサブメニューから、 キーをクリックしてください。 WindowsUpdateの下に新しいフォルダが表示されます。 OSUpgradeという名前を付けて 、 Enterキーを押します。
  2. 新しく作成したキーOSUpgradeをダブルクリックして開きます。
  3. 値AllowOSUpgradeが存在するかどうかを確認し、その値のデータが0x00000001に設定されていることを確認します。もしない場合は次の方法で作成します。
  4. 値AllowOSUpgradeがない場合は、もう一度右クリックして[ DWORD(32-bit) Value ]を選択し、 AllowOSUpgradeという名前を付けます。
  5. 値を作成したら、それをダブルクリックして0x00000001に設定します。 値が別の値に設定されている場合も同様にしてください。
  6. 新しい変更を有効にするためにPCを再起動します。