Win10
 通常、Windows10 Homeのバージョンはグループポリシー機能を使うことが出来ません。この機能はPro以上の機能となっております。しかし、次の方法を使用するとWindows10 Homeのバージョンでもグループポリシー機能を使用することが出来ます。
 グループポリシーエディタは、ネットワーク設定やローカルコンピュータ設定、ユーザー構成などを直感的に設定変更できる非常に便利な機能です。しかし、Homeユーザーの場合、レジストリを直接操作しなければならず、危険が伴います。そこでDISMコマンドを使用してブループポリシー機能を有効にできます。

  1. まず、グループポリシーエディタに関連するすべてのパッケージが ' %SystemRoot%servicingPackages 'に存在します。
  2. ポリシーエディタに一致するファイルは次のとおりです。 ' Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package * .mum '、 ' Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package * .mum '。
    上記のパッケージが存在することが確認できたら、gpedit.mscを有効化することができます。
  3.  コマンドプロンプトを管理者権限で実行します。すると、昇格したコマンドプロンプトウィンドウが表示されます。
  4. 次のコマンドを入力してください。
     dism / online / norestart / add-package:”%SystemRoot%servicingPackages {{PackageFileName}}
  5. Win + Rを押して検索ボックスを起動し、gpedit.mscと入力してWindows 10 Home Editionのグループポリシーエディタにアクセスします。
 他にもいろいろな方法があるみたいですが、この方法が一番安全な方法となります。