VLCIMG

 世界中で最も使用されている動画プレーヤーVLCメディアプレーヤーですが、Windows10でMKVファイルを再生しようとするとクラッシュする現象が発生しております。この場合の修正方法をご紹介します。
VLCがMKVファイルを再生できない場合、次の症状が現れます。
黒い画面
  • プレーヤーに音が出ない
  • バウンシービデオ
  • MKV ファイルが見つかりません
  • "認識できないコーデック: VLC はオーディオまたはビデオ コーデックを検出できませんでした。
 MKVファイルを再生するときにVLCプレーヤーがクラッシュする原因としていくつかあります。その多くはシステムとの互換性の問題や、コンポーネントの破損が考えられます。また、ビデオファイルのストリーミングには、大容量の処理能力が必要なため、高解像度のMKVファイルの再生は、高負荷となり再生に失敗します。

この問題を回避するには、次の方法で回避を試してみてください。

1.VLC メディア プレーヤーを再インストール
更新プログラムだけでは問題が解決しない場合があるため、最新バージョンを再インストールしてください。

  1. まず、VLCプレーヤーをアンインストールします。
  2. Windows + X キーを同時に押します。
  3. [アプリケーションと機能] をクリックします。
  4. アプリケーションの一覧で、[VLC メディア プレーヤー] を選択します。
  5. 右クリックして[アンインストール]を選択します。
  6. 指示に従って、アプリケーションを正常にアンインストールします。
  7. その後、公式サイトにアクセスしてください。
  8. VLCメディアプレーヤーの最新バージョンをダウンロードします。
  9. 指示に従ってアプリケーションをインストールします。
  10. エラーが解決しないか確認してください。
2.DirectX 2.0 ビデオ アクセラレーションをアクティブ化する
  1. [スタート]アイコンをクリックし、[管理者として実行]を選択します。
  2. [ツール] を選択し、[オプション] をクリックします。
  3. 入力/コーデックを開き、ハードウェアデコードアクセラレーションを探します。
  4. ドロップダウン メニューをクリックし、DirectX ビデオ アクセラレーション 2.0 を選択します。
  5. ページの下部にある [保存] ボタンをクリックして、変更を適用します。
3.VLC 設定をデフォルトに戻す
  1. ビデオの再生に影響する設定が最近変更された可能性があります。既定の設定に戻すには、次の手順に従います。

  2. メニューバーの[ツール]を選択し、[設定]をクリックして開きます。
  3. [インターフェイス] タブをクリックし、一番下の [設定のリセット] を見つけます。タップすると、デフォルトの設定に戻ります。
  4. 確認のメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
4.MKV ファイルのプリロードの無効化
  1. VLC メディア プレーヤーを開きます。
  2. メニュー バーの [ツール] をクリックし、[オプション] を選択します。
  3. 画面の下部にある [設定の表示] を見つけて、[すべて] を選択します。
  4. 次に、入力/コーデックを見つけて、メニューを展開します。
  5. デムーサーを見つけて、メニューを展開します。
  6. マトロスカをクリックします。
  7. 同じディレクトリにある MKV ファイルのプリロードをオフにします。
  8. [保存] をクリックして変更を適用し、メディア プレーヤーを再起動します。 

 ちなみに、私は以前VLCメディアプレーヤーを使用していましたが、最近、「PotPlayer」に変えました。この「PotPlayer」The KMPlayer の後継となるソフトで、ほとんどのメディアファイルを単体で再生することができます。下記から入手できます。

https://potplayer.daum.net/

 この「PotPlayer」、他とは違いストリーミング(.ts形式)の再生が非常にスムースで、プリフリーズがないことです。.ts形式の再生が軽いということは、高解像度の映像も快適に動作するということです。一度試してみてください。